*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。
二俣川校の岡島忍です。

成績を伸ばすには、どうしたらいいのか。
みなさん、一度は考えたことがあるでしょう。

日々の努力、反復時間の確保など大切ですが
ひとつ上のステージに上がるために、必要なことがあります。
それは、「思考力(考える力)をつけること」です。

初めて見る問題に対して、粘り強く立ち向かっていかないと
入試問題には歯が立ちません。
では、「思考力」をつけるにはどうしたらいいでしょう。

それは、常日頃から「考える習慣をもつこと」です。
「考える習慣」をもてば、勉強以外の時間でも考えて
学習をするようになります。

では、どのようにして「考える習慣」をつけていくのかというと、
第一に、さまざまな物事に対して、自分の意見を持つことです。

そして、ここからが大事です!
第二に、自分の意見に対して、反対の意見を考えることです。

例えば、自分が「雪が降ると困る」という意見を持っているとき
反対意見の「雪が降ると喜ぶ」のはなぜか考えてみることです。

なぜ、そのような意見をもったのかを考えることで視野が
広がります。
視野が広がることで、いろいろな物事を別の角度から見られる
ようになります。

この一連の流れが、思考力をつける上での練習になります。
ぜひ、みなさんも試してみてください。
001_convert_20170118153135.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは、大船校の赤坂宏弥です。

大船校では高校受験が迫ったこの時期、自習に来る生徒が
増えてきています。

中学1年、2年生のみなさんも、学年末テストはすぐです!
先輩たちのがんばっている姿を見ることもできる自習室を
たくさん利用してくれると嬉しいです。

そんな自習室で勉強している生徒を見ていると、1つの科目に
何時間も取り組んでいるのをよく見かけます。

集中することは、とてもいいことなのですが、私はあまり
お勧めしません。

1つずつじっくり取り組むより、複数科目を時間制限を設けて
行う方が効果的です。

特に科目数が多くなる入試や学年末試験では全科目の学習を
万遍なく行うことが大切です。

わたしは中学生のとき、キッチンタイマーを使って
『これから60分は国語、その次の60分で数学……』
と、学習を行っていました。

限られた時間の中で集中して取り組む、そして継続することが
大切だと思います。

頑張れ、Qゼミ生!
豕峨′荳假シ灘ケエ繝サ謚€陦難シ托シ撰シ千せ!_convert_20170116155607
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは。北山田校の上野尚樹です。

新しい年を迎え、それと同時にいよいよ受験シーズンが
幕を開けます。
今年もQゼミ生の大躍進を信じながらも、やはり心配な
気持ちも出てきてしまうものです。

ましてや本人である受験生や親御さんにとっては
不安の方が圧倒的に大きいのではないでしょうか。
そんな不安感をかき消すためには勉強するしかありません。

焦ることなく、着実に、そして丁寧に。

そして受験生にとってもうひとつ欠かせない?のが
「ゲンかつぎ」です。
この時期になると、たくさんのお守りをつけたカバンも目にします。
世の中にはゲンかつぎ商品が溢れています。

うカール
キットカット
ハイレモン(入れるもん!)
TOPPO(突破!)

などなど

私も毎年決まったゲンかつぎをしています。

神札(毎年同じ神社のもの)
合格だるま(毎年同じ店で入手)
うカール(カレー味)

以上が私にとっての「ゲンかつぎ3種の神器」で
毎年家に飾って手を合わせています。
でもゼミ生にはこう言います。

「神頼みにはまだ早い!」

今年もがんばれ!Qゼミ生!!
038_convert_20170113140140.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは、弥生台校の伊沢淳です。

この時期はテレビでスポーツを見ることが多くなります。

必ず見ているのは
・全国高校サッカー選手権
・春高バレー
の2つです。

普段は好きなチーム(浦和レッズ)の試合くらいしか見ない
私ですが、この時期は録画してまで見ることが多くなります。

見る理由はたった1つ、1発勝負の世界での勝ち負けが
あるからです。
プロとは違い、負けたらそこで終わり。
3年生は引退が決まってしまう。
そういった試合は見ているだけで感動を味わうことが出来ます。

ダイジェストではよく「仲間・家族・監督の為に!」などそれまで
支えてくれた人たちへの感謝の気持ちが描かれることが
多く、各高校ごとにドラマがあることが分かります。

また、勝っても負けても涙が見られる場面は中々ありません。

こういった「感動を誘う涙」は子ども達が全力で取り組んで
いるからこそなのでしょう。

私たちは入試の合否でも涙を見る場面がありますが
頑張っている子ほど結果がどうであれ涙を見せることが多いです。

やりたいことを我慢し、全力で何かに取り組むということは
これからの人生の中でもそうそうあることではありません。

だからこそ、子ども達には、そういった経験を高校受験を
通して体験することが必要だと個人的に思っています。

「やりきった」という経験がこれから高校・大学・社会へ
進んでいくときに自信につながるはずです。

勉強だけなくても部活、恋愛、趣味・・・
何でもいいと思います(1番は勉強ですよ・笑)

何か全力で取り組む1年間または3年間を過ごして
みてはいかがでしょうか。
057_convert_20170111145305.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

入試直前において確認しておきたいことの話です。
こんにちは、北山田校の吉村功です。

いよいよ2017年。受験シーズン到来ですが、いつもこの時期に
受験生に伝えていることがあります。

「入試は満点を取るためのテストではなく、合格するためのテストです。」

合格点を取れるかどうかが合否を決めるのです。
いろいろな事を完璧に取り組んできたタイプの受験生は要注意!!
「やらない勇気」を持ちましょう。

入試までの数日、今自分に必要だと思われるところをしっかりと
学習し、必要だと思わないところはバッサリ切る。

もちろん、入試当日も同じです。
解答用紙が埋まっていることが合格につながるわけではありません。

「できそうな問題に妥当な時間を充てること」が合格の秘訣です。

孫子の兵法に
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」
という言葉があります。

ここでは、敵を知ることも大切ですが、己を知ることで入試得点に
つながる学習を考えるように努めましょう。

入試直前、神ってるQゼミ生、頑張れ!
013_convert_20170109165639.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード