*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。関内校の益田和典です。

先日、Qゼミ関内校に横浜市内のある私立の女子中学校の
入試担当の先生がご挨拶に来られました。

5月になり、大学入試の結果も落ち着くので、次年度に向けて
学校の魅力をいろいろなアピールポイントにまとめて多くの
学校の方が来られるのです。

保護者の方も、さまざまな学校の説明会やイベントに参加する
時期だと思います。
実際に学校へ行ってこられた方から、よくこんな話を聞きます。

「行く学校、行く学校、どれもよく思えてしまって、迷ってしまう」
当然ですね。

学校は、”アピールポイント”を保護者の方に説明するのです。
言葉を選ばず言えば
「良くない(学校にとって不都合な)ことは説明しない」
からです。

大切なことは、学校説明会に参加する前に、中学校・高校生活に
何を期待するかということの優先順位を決めておくことです。

この優先順位は、それぞれの家庭の価値観での優先順位で
周りの人の意見ではありません。

大学進学に向けてしっかり準備をして欲しいのか
部活・スポーツに没頭できるような環境を与えてくれるのか
将来的に留学も視野にいれているとか・・・
例を挙げたらキリがないと思います。

もちろん、あれもしてほしい、これもしてほしいと1つに
絞りきれないのも事実だと思います。

ですから、それらの要望の優先順位を多くても5つくらいまでに絞り
優先順位の高い方から、学校がその要望を満たしてくれるのかを
説明会で感じとって欲しいのです。

100%希望を満たしてくれる学校は、ほぼないと思います。
その中で、優先順位の上位から満たしてくれるかをデジタルに
チェックしていけば、迷いも少なくなると思います。

一方、アナログ的な判断としては、保護者の方が、その学校の
制服を着て、授業を受けて、部活に精を出しているお子さんの
姿がイメージできるかが、実は大切な判断材料となります。

数値データ以上に、お子さんを預けられると保護者が感じるか
否かは時に重要です。
学校は、学びと同時に生活の場所でもあります。

ぜひ多くの学校の説明会に積極的に参加をし、学校の空気を
肌で感じてほしいと思います。
SEN_0634_convert_20101108020514.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは、国大Qゼミ川崎校の久野康晴です。

今春の市立川崎附属中(以下、市立川崎)の受検では
受験生7名中5名が合格してくれました

4.5倍という高倍率の中、残念ながら全員合格とは
いきませんでしたが、みんなよくがんばってくれました

市立川崎の適性検査では、自由に考えて自由に書く
記述問題が多いことが、一番の特徴です。

以下、有効な対策を5つだけ記します。

①他都府県の過去問で‘総合力テスト’に慣れる

②自分の意見をどんどん話す練習

③自分の考えをまとめて書く練習

④時間内に得点をまとめる練習 (捨てる問題の選択)

⑤算数:割合の計算 (小数や割り算の計算スピード)

4月から毎(土)に対策授業が始まります。
詳しくは、授業でお伝えします。

模擬試験も解説授業付きです。

どうしようかな・・・と迷っている方は、ぜひ!無料体験授業に
お出でください。

お待ちしています!
ed1_-10_convert_20110112223540.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは。
二俣川校の岡島忍です。

中学入試も終わり、新学期の授業がスタートしました。

新学期をむかえるにあたり、これから中学受験をはじめる
(考えている)みなさんに、志望校選びについてお話します。

志望校を選ぶ際のポイントをまとめてみました。
高校や大学でも、私学を選ぶ場合は同じ観点もありますね。

①男女別々にするか、それとも共学校にするか。
→男子校・女子校、共学校と、それぞれに良い点があります。

②大学受験をするか、それとも内部進学にするか。
→大学受験をする学校を「進学校」、内部進学をする学校を
 「付属校」といいます。
 最近は、系列の大学があっても他大学を受験する
 「半付属校」もあります。

③自主性を重んじるか、それとも面倒見のよい学校にするか。
→自主性を重んじる学校は、基本積極的な性格の方が
  向いています。
  面倒見のよい学校の場合は、きめ細やかさを求める方が
向いています。

④伝統のある学校か、それとも新しい学校にするか。
→伝統校は、長年培ってきた教育理念がありますので
安定性があります。
逆に新しい学校は、これから伸びて盛りあがっていこうという
勢いがあります。

⑤宗教系の学校か、それと宗教のない学校にするか。
→宗教系とは、カトリック系・プロテスタント系・仏教系の3つに
分かれます。

①~⑤のポイントをもとにして絞り込みをしてみると
志望校が見えてきます。
学校が見えてきましたら、次に学校見学を積極的におこないましょう。

志望校選びは、中学受験の中での第1歩といえます。
悔いのない受験をするためにも慎重に志望校選びをしましょう。
IMG_8571_convert_20101208020957.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

横浜校の益田和典です。

11月中旬以降、実際の入試を意識してもらうために
「入試体験会」等の名称で数回イベント的にテストを開催する
私立中学校が最近多くなってきています。

「まさか同じ問題はでないだろう」
「わざわざ行かなくても良い」
と参加を見送る場合があるかもしれません。
でもちょっと待って!

何故、この受験間近のこの時期に開催するのでしょうか?
何故わざわざ入試体験という形で受験生を招待するのでしょうか?

結論は、入試問題が仕上がっている時期に受験生に練習してもらい
入試当日に自分の力を発揮して学校に入学して欲しいからです。
ということは、少なくとも、入試にとって不必要なことは実施しません。

入試問題を作る際には、同じような出題単元で、同じボリュームで
2パターンから3パターン用意します。
本番の入試問題が決定するこの時期に、用意した他の問題を利用して
このような会を開くのです。

ですから、問題量や出題単元はかなり本番と同等のものができる
良いチャンスなのです。

また、事前にこのような会に参加をしておくと、本番当日の緊張感も
和らぎ、本来の力が発揮しやすくなるのです。

たとえそこで実施する問題ができなくても、先生からはアドバイスを
もらえるので、恥ずかしがらずに是非参加してみてください。

頑張れ、Qゼミ生!
ed1_-12_convert_20110216010320.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは。
川崎校の多田誠です。
来年、受験を控えている方、もう過去問を解いてみたでしょうか?

過去問を解き始める時期は夏期講習が終わった9月から10月
あたりが多いようです。
夏休みにひと通り復習を終えてから、志望校対策を始めよう!と
いうことですね。

でも、せっかく過去問を解くなら、本番同様の時間帯で全科目を
解いてみるのが良いのです。

通常の入学試験なら、午前中すべてを使います。
それを考えると、過去問の演習が本番形式でできるのは土曜か日曜
または祝日の午前中となります。

また、やるべき年数は第1志望校から5年分、第2と第3志望校は
それぞれ3年分。
第1志望校に2次試験があれば、その問題も演習した方がよいです。
全部で少なくとも16年分となります。

当然、答え合わせや解説で解き方の確認の時間も必要です。
そうなると、午後3時までかかることになるでしょう。
この16日間は絶対必要な日数です。

さて、ここでスケジュールをしっかり確認してください。
学校の行事はどうですか?

修学旅行・運動会、音楽や演劇の鑑賞会などありませんか?
志望校の学園祭や体験授業を受ける予定などありませんか?
もちろん塾の授業だってありますよね。
そう考えると、意外と過去問ができる日は少ないものです。

たとえば、土日は何かと忙しくできないので、祝日だけで考えると…

9月は3日間。
10月は1日だけ。
11月は2日間。
12月は1日だけ。
1月は2日だけです。
合計9日間です。

足りない7日間は冬期講習の前後か、あるいは1科目ずつに
分けて演習することになります。

こうスケジュールを考えると、過去問は早めに解き始めてください。
8月の夏期講習の終わりから解くべきです。

また、早めに解き始めることで、志望校の出題形式や傾向が分かり
対策を立てる時間も取れます。
そうすれば、志望校に対して合格できる自信をつけることができます。

Qゼミには「過去問進度チェック表」があります。
とても便利なツールです。
指導の際には先生たちもこれを大いに利用しています。
過去問のスケジュールをしっかり練ってください。
進度表

進度裏
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード