*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。中学受験コースの永野和寿です。
今年も、あとわずかとなりました。
よって今度の入試で取りあげられそうなネタを紹介します。

今年も異常気象に悩まされました。
異常気象の原因として、エルニーニョ現象
(スペイン語で男の子の意味)とラニーニャ現象
(スペイン語で女の子の意味)があります。

今年はラニーニャ現象になりました。
発生する細かいメカニズムまでは入試では問われませんが
最低限、以下のことは押さえたいところです。

【エルニーニョ現象】
①昨年がそうでした。
②ペルー沖の海水温度が例年より高い。
③冷夏、暖冬になりやすい。

【ラニーニャ現象】
①今年がそうです。
②ペルー沖の海水温度が例年より低い。
③猛暑、寒波になりやすい。
④今年の台風の遅さの原因と考えられている。

中学入試では様々な時事問題が出題されます。

中学受験コースでは、12月18日(日)に申込制の
「ニュース攻略ゼミ」があり、時事問題に関連することを
学習します。

時事問題をよく出題する学校を受験する方は
申し込んでみてはいかがでしょうか。
188_convert_20161111230654.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは。中学受験コースの永野和寿です。

国大Qゼミでは、理科で「四科のまとめ」を子どもたちに
配付し、3月から知識の暗記と整理に使用しています。

一問一答式でどんどん進め、何度も演習して知識を
確かなものにするテキストです。
中学入試までには、4、5回は繰り返していきます。
この夏にも1、2回は演習したいところです。

「四科のまとめ」の本来のやり方は、次の通りです。

1.解答を見ずにノートに演習する。

2.解答を見て、間違えたものと空欄を赤字で書き
  赤字部分を答えられるように覚える。


ところが、早く進めることが目的になってしまい
覚えることがおろそかになることがあります。

すぐに解答を見て赤字で答えをノートにどんどん書いていく。
どんどん進んでいくので、それだけで満足しているケースです。

まだまだ赤字が半分以上になりそうな場合、やり方を
工夫しましょう。
少し時間をとって、次のように「1」の前に「0」を追加します。

0.解答を見ながら、答えられるように練習する。
書かなくても構いません。
声を出して答えられるように練習してください。
声を出してください。
中には、正しく読めないのに覚えようとする子がいます。

1.練習が終わったら、解答を見ずにノートに演習しましょう。

2.解答を見て、間違えたものと空欄を赤字で書き
  赤字部分を答えられるように覚える。

この夏は、覚える時間をとって演習し、知識が身につく
ためになるやり方をしましょう。
SEN_0700_convert_20100924005824.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは。中学受験コースの永野和寿です。

いきなりですが・・・
覚えた知識は試験で使えなければ意味がありません。
知識を頭の引き出しからすばやく持ち出さなくてはなりません。
そのためのトレーニングを紹介します!

例えば、星座について知っていることを書き出してみましょう。
次のような手順で書き出しができれば完璧です。

① 春の大三角の星と星座を書きます
② 夏の大三角の星と星座を書きます
③ 秋の代表的な星座 アンドロメダ座、ペガスス座を書きます
④ 冬の大三角の星と星座を書きます

これで、春、夏、秋、冬と書きましたので、これに知識を
書き加えていきます。

⑤ ①にしし座の1等星としてレグルスを書き加える
⑥ ②に夏の星座としてさそり座とアンタレスを書き加える
⑦ ④にオリオン座のリゲル(位置も)を書き加える
⑧ ①のスピカと④のリゲルの星の色(青白)を書き加える
⑨ ②のアンタレスと④のベテルギウスの星の色(赤)を書き加える
⑩ ④のシリウスに最も明るい星と書き加える

他にも、七夕の星(アルタイル・ベガ)、天頂付近の星座(こと座)
北の空のこと(北極星が2等星でこぐま座、北斗七星はおおぐま座)
などなど、知っていることを書き加えていきます。

このように、サブノートを作るように書き出せるようになったら
いつでも使える知識の完成です。

水溶液編、岩石・地層編、人体編などにもチャレンジしてみましょう。
がんばれ、Qゼミ生!
SEN_0566_convert_20101123005028.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

横浜校の益田和典です。

最近、夜になると、近所の神社の森から「ホー、ホー」
とフクロウのような鳴き声が聞こえてくるようになりました。

「こんな都内(23区ではないですが・・・(^_^;))にフクロウなんか
 いるのか??」
と、その森に昼間の時間に探しに行きました。

その神社の森は毎年フクロウが子育てにくるようで
写真家もカメラ片手にシャッターチャンスを待っていました。

その写真家が木の上を指さしているので、そこを見上げてみると
なんとつがいのフクロウがいたのです。

この年になるまで、動物園以外でフクロウを見たことなかったので
しばし、見入ってしまいました。


街に出ると、至る所にツバメが飛ぶようになりました。
軒先に巣を作り、ヒナを育てる準備をしています。
ツバメ写真

最近は、季節感がなくなってきたと言われていますが・・・
気候がいいこの時期、是非自然に目を向け、普段味わえない
感動に浸るのはいかがでしょうか?


読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは。中学受験コースの永野和寿です。
今回は選択問題における設問形式を紹介します。

今年の理科の入試問題を見てみました。
すると、選択問題で下記のような設問形式がありました。

【設問形式1】 「正しいものを選び、記号で答えなさい」
→最もシンプルな設問形式です。
 カンで正解することもあります。

【設問形式2】 「正しくないものを選び、記号で答えなさい」
→読み間違えないよう注意が必要です。
 カンで正解することもあります。

【設問形式3】 「正しいものを2つ選び、記号で答えなさい」
        「正しいものをすべて選び、記号で答えなさい」
→複数の記号を答える必要があるため、難度が高くなります。
  カンで正解できなくなります。

【設問形式4】 「この実験からわかることを選び、記号で答えなさい」
「直接関係のないものを選び、記号で答えなさい」
→選択肢の文章自体は、どれも正しいことが書かれていることが多い。
 その中で、作問意図を理解して選ぶ必要があり、最高難度になります。

選択問題もあなどれないことがわかると思います。
しっかりと作問意図を考え、読み間違えがないように取り組みましょう。
当たった、外れたで一喜一憂するのは、問題外ですよ。

頑張れ、Qゼミ生!
ed1_-12_convert_20110216010320.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード