*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

皆さん、こんにちは。北山田校の西本亮平です。

春です。
出会いあれば別れあり、新たな生活が始まる季節ですね。
環境も一新された人が多いのではないかと思います。

その環境に至る過程の中で、受験と言うものを経験した人も
一定数いますよね。

受験…ここに対しての思いは千差万別ではないでしょうか。
それぞれが抱く思いは、今後の糧になるでしょう。
決して無駄にはしないでほしいです。





・・・ここで
「悔しい思いをした人は、その思いをバネに…」
というフレーズを予測した方!

残念でした。そんなことは書きません。
「成功した経験に胡坐をかくな」と、私からはお伝えします。

特に、世でいう「難関校」と呼ばれるところに合格した人に
強く伝えたいと思います。

皆さんが努力の末、難関校に合格したことは素晴らしいです。
よく頑張ったと思います。

ただ、それで(合格した人が)偉いとかすごいとか、そんなことは
思わないで下さい。
そんなことでは人間の価値は決まりません。

自分の目標に向かって頑張ることができ、それを達成した
人こそが偉いのです。

学校の難易度ではなくて、自分の意思をどれだけ大事にし
それに向かって努力できたのか。
ぜひ、その部分を振り返ってみてください。

そして親御さんも、ぜひお子さまには、努力して受験を
乗り越えたことに対しての賛辞を送ってください。

いきなり辛辣なことを書いたかと思われるかもしれませんが
世の中で生きていく上で、努力をしたという経験は間違いなく
生きます。

そして、それを自信にして自分から能動的に動ける人が
勝ち残ります。
それが現実です。

さあ、これからまた前を向いて色々なことに立ち向かっていきましょう。
縺・★荳ュ・廟convert_20170403135128
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは。横浜校の秋吉達也です。

3月から4月は卒業そして入学の季節です。
受験を終えて入学を間近に控えたみなさんは新生活に向けて
心を踊らせていることと思います。

受験を終えたみなさん、本当によく頑張ったと思います。
いろいろな受験結果があり、その結果に対する思いもさまざまだと
思います。

どんな結果でも一つの大きな経験として心の中にしまってください。

そして、新生活がスタートしたら前を、将来を見すえて
行動してください。
過去の結果に踊らされたり引きずられたりしないように。

大事なことは
「過去どうしたか」ではなく
「これからどうするか」です。

過去の経験は未来に活かす必要がありますが、決して
足を引っ張るものであってはいけません。
新しい環境に身を置けば、また全員がスタート地点です。

これからどうするのか。どんな将来を思い描いているのか。
前を向いて考え、気持ち新たに最高のスタートを切ってください。

もし何か迷うことがあればQゼミの先生を訪ねてくださいね。
全ての先生がみなさんのことを応援しています。

頑張れ!Qゼミ生!
unspecified_convert_20170325145712.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

皆様こんにちは。北山田校の西本亮平です。

早いもので、2016年もそろそろ終わります。そして、この記事が
2016年のQゼミ元気が出るブログ最後を飾るということです。

この時期は、来年に向けて各々が思いを馳せる頃かと思います。
もちろんそれはそれで大切ですが、過ぎ去っていった2016年。

自分がどのような目標を立てて、行動していったのかを
振り返ることも大切かと思います。

そんな私は「我以外皆師」という言葉を胸に、過ごした日々でした。
Qゼミの中では、生徒からも親御さんからも「先生!」と呼ばれ
扱われますが、校舎を出れば単なる3●歳の男に過ぎません。

校舎なんて所詮狭い場所でしかなく、その何千倍も広い世界が
周りに広がっているのです。

校舎を出て、広い世界で様々なものに触れ、たくさんの人と出会い
見聞を広めて、人として厚みを持たせることで人間としての価値を
高めたい、と思ったのです。

価値がどうなったのかはわかりませんが、おかげで非常に
充実した一年になったと思います。

とにかく、色々なことに触れることが出来ました。
たくさんの人と知りあい、それこそ色々な話をすることが出来ました。

自分でいうのも変ですが、見聞を深めたことは事実です。
来年はより、それを深めていければ…と思っています。

皆さんも、どんどん世界を広げていく2017年に出来るといいですね!
039_convert_20161228151632.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

皆さん、こんにちは。北山田校の西本亮平です。

すっかり秋らしい…なんて声が街の中で聞こえてきますが
極度の暑がりな私にとって、まだまだ夏が続いている感覚です。
長袖を着るのはもう少し先になりそうな予感です。

さて、先日ある劇作家の方と話をする機会がありました。
とある劇団を自身で立ち上げ、脚本・演出をすべて手がけている
という方で、かつては俳優として舞台に立っていた、という経歴を
持つ方でした。

ここまで読むと非常に華やかで、近寄りがたい人のように
思うかもしれませんが、非常に気さくで、且つ博識な方で
話をしていて非常に楽しかったです。

その方が演技指導する際におっしゃっていたことで、印象に
残っているエピソードがあるので紹介します。

「なりきる」ということ、これが大切だということです。

演技というのは、その役になりきること。
これは当たり前のように聞こえるかもしれませんが
役をイメージし日常生活から仕草や立ち振る舞いを
意識することで成り立つのです。

例えば、姿勢が良い颯爽とした好青年の役を演じるとしたら
日常生活から背筋を伸ばすことを意識し、歩き方などもスタスタと
一本芯が通ったような姿勢で歩くことで役になりきることができる。

つまるところ、舞台の上だけで役になりきろうと思うのでは
完全ではないというのが、その方の言い分でした。

これを、皆さんに当てはめて考えてみましょう。
学校の授業の時だけ真面目にやる、テスト前だけ真面目にやる。

真面目にやるという役に、授業やテストという舞台でのみ
なりきろうとするのではなく、日常生活から、良い成績を取る・受験に
受験に合格することを意識して振舞うことで、良い成績を取る・合格する
「役になりきる」ことができるのではないか、と思います。

ONとOFFの切り替えをする、という考えもよく聞きますが、一方で
日常生活から役を遂行するために意識をするというのも、
また一つの方法として取り入れていく価値はありそうです。

様々な人と接し、話を聞くことで新たな世界が広がり、ヒントになる
教訓が得られます。

また、何か興味深いエピソードがあったらこちらで紹介したいと
思います。
SEN_0743_convert_20101017223218.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは。川崎校の池谷晃輔です。

今回も偉人のことばから学びましょう!

壁というのは、できる人にしか
やってこない。
超えられる可能性がある人にしか
やってこない。
だから、壁がある時はチャンスだと
思っている。


by イチロー


日本時間で8月8日(月)に日米3000本安打を達成した
イチロー選手のことばです。

イチロー選手は“努力の天才”と言われています。

試合前に練習するのはもちろんですが、試合がない日も
球場に来て練習をするそうです。

試合が終わってからは、その日に次の日の試合の準備を
するそうです。

皆さんにとっての「壁」とは何でしょう?
入試?模試?学校の宿題?

乗り越えるには、並大抵の努力では越えられないし
乗り越えようとする時はとても苦しいと思います。

でも、色々な「壁」を乗り越えてきたイチロー選手の
ことばだからこそ、その壁を乗り越えた先には
「すばらしい結果」が待っていると分かりますよね!

みなさんにもイチロー選手と同じように
「壁」の先にあるものを見て欲しいと思います。
ed2_-136_convert_20110130011011.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード