FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

「国大Qゼミ・元気が出るブログ」

引越しました。

https://www.qzemi.com/category/qzemigenki/

読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

「国大Qゼミ・元気が出るブログ」

引越しました。

https://www.qzemi.com/category/qzemigenki/

読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

皆様こんにちは、北山田校の西本亮平です。

定期的に、色々な先生たちが執筆しているこの「元気が出るブログ」
いつも読んで頂きありがとうございます。
私もこのブログを定期的に執筆するようになり、3年が経ちました。

私自身が大のスポーツ好きであるが故に、どうしてもスポーツを
中心とした話題を取り上げることが多く、興味がない方は
「この人何を書いているのかわからない」
と感じた方もいらっしゃるかと思います。

ただ一方で、スポーツから学べる事が、本当にたくさんあるのも
事実なのです。
今後も、私が実際にスポーツから感じたことや学んだことを
このブログに執筆することで、皆さんと共有していきたいなと
思っております。

さて、ここまで書いておいて難ではありますが…本日のテーマは
「言葉について」です。

LINEやTwitterなど、気軽に自分の気持ちを言葉にして世の中に
発信することが出来て久しいですが、便利と引き換えに
「言葉の意味」がわからない人が増えている気がします。

言葉って、本当に素晴らしいものなのです。
皆さんも、辛いときにたった一言前向きな言葉を掛けられたことで
がんばることが出来たと言う経験があるのではないでしょうか。

しかし、何も考えずに発されたひとことで非常に傷つくこともある
というのが事実です。

気軽に自分の言葉を発信できるが故に、何も考えず思ったことを
ただ、ストレートに発する癖が付いている人が多すぎます。

実は、私も先日ある方からのLINEでものすごく傷つきました。
(気づいていないかもしれませんが)自分は人に言葉を伝えるとき
よくよく考えた上で発します。
特にメールなどでは、ニュアンスや表情などが伝わらないため
いつも以上に気を使います。

自分がやっていることが正義だと言いたいのではないのですが
言葉を発するということに、もう少し責任を持って欲しいと私は
声を大にして言いたいです。

大人になったとき、そのようなことに気を使えるかどうかで
人の価値は左右されます。
勉強の合間にふと、自分のLINE履歴を振り返ってみて
言葉というものを考えてみてください。

自分がどんな言葉を掛けられたら嬉しくなりますか?
自分がどんな言葉を掛けられたら悲しくなりますか?

言葉、非常に大切です。
その重みをぜひ知った上で、また日々の生活を頑張っていきましょう。
IMG_8522_convert_20101126000453.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは、弥生台校の佐鹿聡洋です。

皆さんは国語の勉強は好きですか?
読書は好きだから文章問題はまだしも、文法は難しいし
面白くないからキライ…という人も多いように感じています。

ただ難しいとは言うものの、普段自分たちが話している言葉
なのですから馴染みはあるはず。

また机上以外で勉強した内容に出会うと、少しは
(ほんのちょっとでも)親近感が湧きますよね。

国文法で一番難しいのは品詞分類だと思いますが大きく
10品詞を学習した中2以降ならば、日常の全ての言葉を
品詞に分解してみると確かに品詞で説明がつくということが
分かり、ささやかな感動が得られます。

私は逆に授業で日常との架橋を演出することがあるのですが
それが
J-POP品詞分類です。
例えば「柔らかな風に吹かれて」
⇒柔らかな(形容動詞)・風(名詞)・に(助詞)
 吹か(動詞)・れ(助動詞)・て(助詞)
という具合です。

「誰の何て曲でしょうか?」なんていうおまけの問題も
楽しかったりします。

サザンの曲などは、言葉遊びが独特すぎて採用し難いのですが
レベルが上がると音便や新たな発見があったりしてさらに
興味も知識も広がりますよ。
image.jpeg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは。二俣川校の佐藤淳です。

最近よく耳にする「多読(たどく)」という言葉ご存知でしょうか。
文字通りたくさんの文章を読むことです。
それがなんとなくの理解でも、0.1×1000が100になるがごとく
知らぬ間に語彙力や読解力が身についていくという考え方
(またはそういった学習の意味)ですね。

古くは夏目漱石もこの学習方法を大絶賛していたそうです。
英語の習得にも適しているといわれています。

特に、イギリスの小学生が使っている教科書なんかが
とても日本人の英語多読によいそうです。

「え、そんなんで理解できるの?」って思いますよね。
できるんです。

例えば、1ページ目に、もの凄い恐い顔をして怒っている
お母さんの絵と、ベッドの上で飛び起きる子供のイラストが
ついていて、お母さんの台詞「Get Up!!!」が英語で
書かれている訳ですが、だれが見ても「起きろ!!!」
だってことがわかる。

そんな感じで似たような表現、似たような場面が繰り返し
登場し、しかもちゃんとオチのあるストーリーになっているんですね。
これだと楽しく、いつの間にか英語を習得できるようになるわけです。

2020年に向けてどんどん日本の英語教育も変化していくわけですが
それに合わせて学習方法も変わっていくと子ども達にとっての可能性も
広がっていくと思います。

今回は「多読」のご紹介でした。
SEN_0759_convert_20100929000737.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード