*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは、国大Qゼミ大船校 赤坂宏弥です。

先程、イギリスがEUから離脱することが国民投票により
決定しました。

私たちの生活にどのような影響を及ぼすのか?
通貨の動き以外も注目していきたいところです。

このような時事ニュースは、定期テストはもちろん、入試にも
関連する問題が出題される可能性があります。

今回は時事ニュースの出題傾向についてお伝えしたいと思います。

①世界的なニュースは必ずチェック
 今回のイギリスのEU離脱のようなたくさんの国に影響を及ぼす
 ニュースや、たくさんの国が参加するお祭りは必ずチェックしましょう。
 今年はオリンピックと、ノーベル賞の受賞がこれに該当しますね。

②日本の政治ニュースは必ずチェック
 国内のニュースは政治に関するものをチェックしておきましょう。
 今年は参議院議員選挙が行われることから、参議院議員の定員数
 任期、選出の方法等が出るのではないでしょうか。

③スポーツの記録達成もチェック
 新記録達成や、初優勝といったニュースは、人物名が出る問題が
 多いです。
 最近だとイチロー選手の記録などが該当します。

これら①~③をチェックしながらニュースを見ていきましょう!

もちろん定期テスト前にQゼミから配布されるNewsQで
再確認することも忘れずに♪

頑張れ、Qゼミ生!
SEN_0403_convert_20101031233846.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは、大船校の赤坂宏弥です。

今年の公立高校入試も終わり、現在の中学2年生は受験まで
あと360日となりました。

そこで今回は入試社会で押さえておきたいポイントを
地理、歴史、公民に分けてお伝えします。

①地理

入試では毎年、時差の問題が出題されています。
出題の多くは日本と他の国との時差を求める問題なので
図に書いて、計算ミスをしないよう、類題をしっかりと解きましょう。
記入の際は午前か午後かを忘れずに。

②歴史

高校入試では年号を書く問題は出ず、出来事が起きた順に
並べ替える問題が出題されています。
時代ごとにどの順番で出来事が発生したかを押さえておきましょう。


③公民

こちらは中学3年になってから習う単元ですが、今年は
選挙法改正にちなんで、選挙権の変化に関連する問題が
出題されました。
日ごろからテレビのニュース番組を観たり、新聞を読んで
政治、経済の流れを知っておくと、公民の授業も分かりやすく
なるはずです。

地理、歴史は中学1年の学習内容が含まれます。
時間に余裕のあるうちにしっかりと復習を行い
1年後に備えていきましょう。

頑張れ、Qゼミ生!
ed2_-136_convert_20110130011011.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは、仲町台校の田上清貞です。

「日本銀行の大胆な金融政策により
 デフレ脱却にむけた動きがすすんできている」

「憲法改正論議が盛んに行われ、96条改正に
 賛同する意見が相次いだ」

「国連安全保障理事会は、北朝鮮の核実験に対する
 追加制裁決議案を全回一致で採択」

中学3年生の社会は、そろそろ歴史から公民へと
学習内容が切り替わる時期です。

「公民って何を勉強するの?」
なんて質問をよく受けますが「今を勉強する科目だよ!」
なんて答えたりします。

上の記述は、全て近時のニュースからの引用ですが
「日本銀行」「金融政策」「デフレ」「憲法改正」
「憲法96条」「国連 安全保障理事会」
これらはみな、詳しく公民で学習する用語です。

公民を勉強していくうちに、現代の政治・経済・国際社会
国民の人権などの知識だけでなく、自分が置かれている
今、現代を考える視点・問題意識が鍛えられます。

その意味では、もっとも身近な勉強と言っても
いいのではないのでしょうか?

同じ社会でも
「歴史は昔のことに興味ないから苦手だったけど、公民は面白いね」
なんていう生徒も意外に多いようです。

ぜひ、公民の学習と並行して、現在進行中の「今、現代」
を読み解いてみよう!
SEN_0391_convert_20101005004013.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは、植松秀也です。

普段はQゼミ横浜校の1Fにいます。
そして、Qゼミ横浜校・関内校・二俣川校で
算数・数学・理科・社会・・・と、いろいろな教科を担当しています。

個人的に好きな科目は算数(数学ではなく)です。
また、嫌いな科目は社会です・・・いや、社会「でした」。

好きになった訳ではありませんが、教えるようになったら
面白さが少しは理解できるようになった、というのが
正直なところです。

嫌いだった社会が理解できるようになったのは、特に
中学校の教科書を「たくさん読んだ」からだと言えます。
歴史は「物語文」、地理や公民は「論説文」だと思って
ひたすら読みました。

「覚えよう」という意識もなかったと思います。
苦手だった歴史は、教科書を30回以上は読破しました。
時間は掛かりましたが・・・


中学校の教科書は意外に面白いので、小学校の教科書も
面白いと思いますよ(全部は読んだことはありませんが・・・)

ただし、小学生や中学生にとっては「覚えること」を優先しなければ
ならないので、"楽しさ"よりも"つらさ"のほうが先に感じられるの
かもしれません。

まずは「覚えること」を抜きにして「読むこと」から始めましょう。

さて,来週はGW。
学校の教科書で「読書」を楽しんでみませんか?
物語として読んでみるだけでも、違う発見があるかもしれません。
ed2_-136_convert_20110130011011.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

いずみ中央校・畠中真美です。

来る12月16日(日)は、衆議院の解散・総選挙の日です。
だいたい、解散・総選挙の年には、選挙について入試に出題
されることが多いようです。

今回の選挙は、中学3年生で近現代の歴史・公民を一緒に
習った生徒には、とても分かりやすいと思います。

主な争点は、

1 日本の経済対策
デフレ、若者の雇用問題。習いましたね。
(でも、肝心の20台前半の投票率は5割ほど・・・)

2 憲法の問題
戦争放棄。基本的人権の尊重。国民主権。
この3大原則が出ます!

3 エネルギー問題
原発を無くして、潮力や地熱など、日本の持つ資源を
どう活用していくか?が問題です。これは理科ですね。

放射能が出っ放しの事故原発をどう収束するかは勿論、
被災地の復興をどう進めるかも、重要です。

世論調査は平日の昼間、固定電話で行われるので、肝心の
若い働く人々の意思が反映されにくい、と言われます。

皆さんは、将来B層と侮られないよう、しっかり公民の復習をし
選挙の結果を、日本の動向を見ていてください。

合宿明けの日で、早く寝てしまう生徒も多いかもしれませんが・笑 
がんばれ、Qゼミ生!
SEN_7093_convert_20110122011650.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード