*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

二俣川校の佐藤淳です。

オリンピックの開催国が日本に決まった瞬間のフィーバーは
だんだん薄れてきましたね。
あれから景気が上向いた、というような報道もありますが
よくわかりません。

しかし、2020年のオリンピックを目処に着々と動き始めているのが
「英語教育」です。
小学校3年生から始め、日本人のグローバルなコミュニケーション能力
を向上させていくというコンセプトです。
正式に教科となり、よって評価されるわけです。

日本人の英語力はアジアでビリから2番目といわれていますが
6年以上学習してもろくに会話できない人が大多数という現状を考えると
なんとなく分かりますが・・・なぜなのでしょうか。

日本では、
①自己主張しないことを美とする(沈黙は金)
②他人と同調することを美とする(つまり自分の意見を言わない)
③和をもって尊しとする(つまりDNAレベルでディスカッションに不向き)
といった国民性があるからだとする意見があります。

古きよき日本人というやつですかね。
こういった意識を改革する必要がありそうです。

正しいか否かはさておき、日本人は、英語の4領域
L(Listen)・R(Read)・S(Speak)・W(Write)でいうと
結果的に、S(Speak)が一番苦手のようです。

こればかりは、机上の学習では身につきませんので、実際に
会話する場面を増やしていくことが求められます。

今やどこの家庭にもインターネットが普及しました。
Webを使えば、東南アジアやオセアニアなど、時差のあまりない
国々の人達と会話をすることだって可能です。

Speakingをマスター(そこまでいかなくてもいいですが)し
来るべき2020年、海外からお越しになる大勢のお客様へ
英語で日本の歴史、文化を伝えることができたらすばらしいですよね。
これが本当の「おもてなし」なわけです。

さて、「おもてなし」は英語で何と言うのでしょうか。
調べてみましょう!
SEN_6984_convert_20110129010847.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

関内校の高橋靖知です。

4月になりました。みんな新学年になりますね!
後輩が出来る生徒もいれば、初めて先輩が出来る生徒もいます。

色々な意味で新鮮な気持ちですね!
楽しい事も不安なことも一杯な新学期です。

ただ、受験は待ってくれません。
スモールステップで目標設定をしてみましょう!

例えば、高校1年生の場合。
新しい生活で楽しいことが一杯あります。
優先順位をしっかりとつけていきましょう。

その中でも学習の順位は下がってしまう生徒が多いです・・・

まずは、学校のHWを出された日に行うようにしましょう。
わからない内容に関しては、そのままにせず、その日のうちに
片付けましょう。

その日々の行動は、学年が上がるにつれて自分の宝になります。
頑張ってみましょう!!

目標に関しては
英単語Target1200の中で800個を高校1年生までに
習得をするとかなりの武器になります。

でも、いきなり800個は難しいです。

そこで
1ヶ月で100個
2ヶ月で100個
3ヶ月で100個
4ヶ月目は復習と新しい50個
のペースでやってみるといいです。

また、1ヶ月100個を
さらに1週間単位に細切れにして行うといいです。

1日の勉強時間、3時間やろうというのは
なかなか難しい面もあるので
これは絶対にやる!というのを決めてやってみませんか?

新学期、色々と楽しいこともありますが
勉強も忘れずにね!!
IMG_8499_convert_20101006010709.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは、関内校の赤坂宏弥です。

タイトルにある鉄腕は、もちろん「アトム」のことです。

2003年に高田馬場で生まれたアトムは10万馬力で
空も飛べるロボットです。

日本生まれの鉄腕アトムですが、アメリカでは
、『アストロボーイ』と呼ばれています。

これは、アトムがアメリカのスラング(略語)で『オナラ』
という意味があったため、代わりとしてこの名前になったそうです。

確かに『鉄腕おなら』は、ちょっとまずいですよね・・・

私たちにとっては普通の言葉でも、海外の人々とっては
変な意味になってしまう言葉は、他にもたくさんあります。

勉強の役には立たないかもしれませんが、会話も大切!
皆さんも調べてみてはいかがでしょうか?

ではでは。
ed2_-201_convert_20101228005247.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは、Qゼミの田上清貞です。

先日、今年度2回目の英検がありました。
Qゼミでは、小学校6年生で英検5級を受検。

早い生徒では、中学2年生の段階で3級や準2級(高校英語まで含む!)に
チャレンジし、毎年多くの合格者を出しています。

そんな英検のメリットを今回、いくつか紹介したいと思います。

まず、英検は級が上がるほど、語彙の数が増えるため
学校や塾での英語学習に余裕が生まれます。

また、普段の英語学習では、十分に手が回らない長文読解や
リスニングを鍛えるので、学校のテストで初見の長文問題が出たり
リスニングの配点が高くても対応でき、高得点が期待できます。

なにより自分の学習の成果として、「合格」・「不合格」という結果が出ます。
「○級取得」という目標に向けて一心に勉強に打ち込み、
「合格」を勝ち取った達成感!

逆に、1点足りなくて不合格になってしまった時の悔しさ・・・
そして「次は絶対合格してやる」という再起への思い。
いずれにしても、普段の学習では得られない「何か」を
英検の学習を通して得られます。

次の英検は1月。
今「やってみようかな」と少しでも思ったら、Let`s challenge!
ed2_-136_convert_20110130011011.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ



国大Qゼミの半澤範之です。

学校によっては、そろそろ前期の成績が出る頃ですね。
テストの得点、授業中の態度、提出物の締切を守った
・・・等の総合評価が成績ですね。

どんな結果でも、「次は○○の科目も伸ばそう」とか
「よい結果が出たので、この成績を維持しよう」
等、次につなげる目標を作ってくださいね。

さて、中学1年生の数学で一次方程式を習っている
中学校も多いのではないでしょうか。

一次方程式の計算は、
 x - 2 = 3 (移項すればできますね)
 3x = 6 (全体を3で割る)
ここまでは、簡単ですよね。

その後
 3x + 2 = 8 
(2を移項 全体を3で割る→上の二つが合体)
 2x +1 = x + 5 
(1と x を移項 式の計算→文字式の計算が追加される)
 2x -3 = 4x -5 
(-3と4xを移項 式の計算 全体を-2で割る→マイナスの数で割る)

等、少しずつ新しいことが増えていきます。

初めのころは、「へーっ、簡単じゃん」でも、油断していると
何をどうすれば「簡単じゃん」の式になるか分からなくなります。

この油断が、勉強を嫌いになる「種」では無いかと思います。

どんどん積み重なっていきます。
油断がないようにしましょうね。

欠席している間に進んでしまっていたら、Qゼミの先生に
遠慮なく質問に来てくださいね。
全面的にバックアップしますよ。
ed2_-136_convert_20110130011011.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード