*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。
市ヶ尾校の石渡英一です。

今日は
「定期テストで90点以上を取るための効果的な復習の仕方」
をお伝えいたします。
是非、一度試してみてください。

みなさんは、テストの復習をおこなっていますか?
何事もそうですが、結果から学ぶことは多いはずです。

単に点が良かった、悪かったで終わってしまっては勿体ない!
次のテストに向けて、しっかり自分を見つめてみてください。

さて、ではどう自己分析するか・・・です。

まずはどの教科でもかまいませんので、今回、実際に解いた
問題の解答用紙をコピーしてください。

自分が正解だったか、不正解だったかは関係なく
①これはできたはずなら「○」
②これは難しくて無理だったなら「×」
をつけてみてください。

次に×をつけた問題の配点をカウントしてみてください。
×をつけた問題の配点は何点ありましたか?
恐らく、10点から15点くらいではないかと思います。

そう、つまり、ここで大切なことに気がつくはずです。
学校の定期テストというのは、事前にやったはずの問題が
ほとんどであるということに!!

生徒の多くは、ついつい「難しい問題」に時間をかけすぎて
基礎の問題を軽んじてしまう傾向があります。

実は、基礎の問題をしっかり取るだけで、80点後半が取れるのです!
定期テストの得点を90点以上にするには、まずはみんなができる
問題で100点を取れる練習を日々日頃から心がけるようにすること
ではないでしょうか。

基礎をおろそかにしない。
これがこの反省で見えてきたら、あなたの勉強方法はより良いものに
なること間違いなしです!

ed2_-201_convert_20101228005247.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

お元気ですか。大船校の小野佳奈です。

計算問題を解いて間違ったとき、悔しいミスって何ですか?
読み間違い?単位の間違い?
きっと計算ミスも悔しいですよね。

実は…「絶対に計算ミスをしない方法」があるのです。
それは、「計算しないこと」です。

中学理科「記録タイマー」の問題で、
「0.1秒間に15㎝進んだときの速さは毎秒何mですか」
というのがあります。

15㎝=0.15mですから、
0.15÷0.1の計算をすればよいのですが、定期テストの結果を
見ると、計算間違いをしている生徒がかなりいます。

では、1.5÷1ならどうですか?
まず間違いませんよね。

次の計算はどうでしょう。

1.jpg

「25は4で割り切れない~」
なんて、泣きそうになっている人、いません?

25.jpg

にしてしまえばどうでしょう。
12×3.14=37.68

3.jpg

12歳で中学受験の勉強するのは、みんなで牢屋に入れられているくらい
つらいことだぁ~って覚えてしまえば、計算しなくてすみます。

ちなみに、合格すれば15歳で高校受験はしなくてすみますから
15×3.14=47.1
4.jpg
です。


続いて・・・

5.jpg

貴方ならどう計算します?
分母・分子にルートをかけてから、6で通分しますか?
思い切って約分してみてください。

6.jpg

√の中の数字が簡単になりませんか。
では、どうしたら計算をしない工夫ができるようになるのでしょう。

私の経験からですが、
 1 できるだけ多く計算を解く   → 数に親しむ
 2 工夫している人の解き方を盗む → 学ぶとは真似ること
 3 計算を工夫しながら解いてみる → 実践あるのみ
計算をしなければ、計算ミスをしないだけでなく、時間短縮にもなりますよ。

頑張れ、Qゼミ生!

読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは、国大Qゼミ関内校 赤坂宏弥です。

Qゼミでは23日から夏期講習がスタートしています。

23日~26日の4日間、私は中学1年生に
数学』を教えています。

数学……なぜ中学校になると算数数学に変わるか……
疑問に思った人、いませんか?

昔、日本では、そろばんや基礎的な計算方法を
学ぶことを算数(算術)その応用を学ぶことを
数学といって使い分けていました。

つまり基礎算数応用数学
ということになります。

しかし、今の小学校の算数では基礎は当然のことですが
応用問題も取り扱いますよね?

実際に昭和40年くらいに算数⇒
小学校数学』という名前に変えようという
案も出たそうです

ですが、「長い」、「数学となると、難しそうに聞こえる」
という意見から、今も小学校では算数と呼ばれています。

小学校数学……確かにちょっと長いかも

算数から数学と名前は変わっても、大切なことは変わりません。

中学1年生の皆さん、『数学』、がんばりましょう!
IMG_8685_convert_20100926235543.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

Qゼミ市ヶ尾校の岩見智史です、こんにちは。

いきなりですが
高校入試において、定期テストの点数は
直接関係ありません


高校に中学から提出される調査書には、9科目の評定
(いわゆる内申点)だけです。
中間が何点で、期末が何点ということは高校に知らされません。
当然といえば当然ですが、意外に忘れがちです。

高校入試の学力検査は点数勝負ですが、定期テストは
点数が出ても勝負は決まりません。

科目や先生によっては、テスト直しのレポートが
課題として出されます。
定期テストが思うようにできなかったとき、課題になっていなくても
「自主的に」テスト直しをしてみてはどうでしょうか。

そのやる気は、必ず先生に伝わるはずです!
SEN_0428_convert_20101205235637.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

こんにちは、都筑校の岡田隼一です。

今週に『後期中間テスト・2学期期末テスト』を
控えている学校が多いと思います。
皆さん勉強してますよね最後まで頑張れ

特に受験生は、最後の勝負の内申を決めるテスト・・・
できる限界までやりきること

そのために・・・都筑校でもそうですが
『自習室へ来て勉強しよう』

自習室で勉強するメリットとしては・・・
1 静かな環境で勉強できる
2 勉強の集中力を乱すもの(テレビや本など)が無い
3 わからないものがあるときは、その日のうちに先生に質問できる
  (場合によっては補習もあるかもしれない)

テストで点数を1点でも上げるために、自分に何ができるかを考えよう。
そのために、塾をフル活用することも大切だ

悔いの残らないくらい勉強して
『後期中間テスト・2学期期末テスト』
に臨もう

みんなには、Qゼミの先生がついてるぞ
SEN_0428_convert_20101205235637.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード