*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは倉田秀樹です。

今日は1人のスゴイ先輩の話をします。

もう4年も前のことですが、ある女の子が体験授業に来ました。
明るいけれど、ちょっと不良っぽい感じの子でした。
例えて言うと・・・そうですね・・・今で言うと、
木下優樹菜という女性芸能人に雰囲気が似てるかな。
そんな子です。

「彼女が入ることで、教室の雰囲気が悪くなったりしないかな」
なんていう心配もしたことを覚えています。
成績を聞いてみたら、20。オール2に3が2個、ってことですね。

そんな彼女ですが、体験授業が始まってみると、スゴイ。
何が?
質問の嵐、なんです。
例えば、
「5X=30の答えは、なんで6なの?」
「テーブルって、単語でどう書くんだっけ?」
「7×9って63でよかったけ?」
という感じ。

中2という学年からすれば、「え、そんなことも知らないのか!?」と
驚いてしまうほど、何にも知らない子でした。

でも彼女の良いところは、それを恥ずかしがらずに質問したことです。
それまで在籍していた、他のどの生徒の、10倍は質問していたと思います。

聞けば、今まで何にも勉強しないまま2年生の夏が過ぎ、
これじゃまずいなと思って、塾を探していたとのこと。

「わたしバカだからさ」
「でも教えてくれたら、がんばって覚えるから」
というようなことを言っていたと思います。

体験を終え、入塾。
正式にQゼミ生となって、初めての定期テスト
そして後期の成績が出ました。
なんと「29!」9ポイントもアップしました。

その後も、彼女は、彼女のペースでQゼミでの授業を受け続け、
3年の後期にはなんと「40」

つまり20→29→40 と、1年半弱の間に学校の成績を
20ポイントアップさせたのです。

・・・こんなスゴイ子、噂にならないわけはなく、
既にQゼミ通信でも紹介されていましたが、
彼女と最初の出会いをし、入塾してもらったスタッフとして、
あらためて記載してみました。

授業を、ただ受けている生徒も多いと思いますが、
これを機に、受け方を変えてみませんか。

恥ずかしがらずに質問をすること、
何度でも、わからなければ質問をすること、
そして一つ一つを吸収し、自分の「力」としていくこと。

これであなたも「伸びる」はずです。

横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード