*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

いずみ中央校の畠中真美です。

さて、10年ほども前になるでしょうか。Mくんという生徒がいました。
中学受験が残念な結果となり「仕方なく」公立中学に進学し
「仕方なく」Qゼミに来た男の子でした。

「過去は変えられないけれど未来は『今』自分がどうするかで変えられるよ」

何度か話をしましたが、
「こんな筈じゃなかったのに・・・」
過去の失敗に、こだわりすぎていたMくんの心には、届きませんでした。

その中学校は、当時、荒れているので有名な中学校でした。
窓ガラスが常に割れていて、昇降口にタバコの吸い殻が散らばっている
・・・そんな環境です。

当然のように、Mくんは何となく、不良グループの仲間に引きずられ
補導されたことも、実は、しばしば・・・
1年生のとき40以上だった成績は、10以上も下がってしまいました。

それでも、Qゼミには、他の中学校の生徒たちも多くいます。
誰も、Mくんが悪い子だとは思っていません。
元々は、明るい、楽しい子です。

Mくんは、Qゼミでは、羽目をはずすこともあるけれど、いい仲間が
たくさんいる子でした。
Qゼミへは欠席もほとんどなく通って、上位のクラスにいました。

ただ、3年生になり・・・Mくんは、他の中学校の不良グループと
トラブルになります。
1人では、外を歩けない。何をされるかわからない。
Qゼミへも、おうちの方の送り迎えがないと、来られない。

「先生、俺、どうしたらいい? このまま駄目なやつになりたくない」

おうちの方との三者面談、MAP’s面談を、何回したでしょうか。
1ヵ月の間に、4回か5回、個人面談を行ったと思います。
最後にMくんは、あえて自宅から遠い私立高校へ進学することを決めました。
今までの自分と訣別し、まったく新しい場所と人の中で、やり直すためです。

さて、その後。
畠中は夜の11時半くらいに帰宅することが多いのですが
何とMくんに駅で遭遇!!
「高校1年生が、こんな時間に・・・??」
不審に思い、Mくんに聞いてみると
「予備校で自習してたから。俺、今度こそ後悔しないように頑張るから」
そして、
「俺、将来はQゼミの先生になりたい」

Mくんは、その後、個別学習QゼミAの講師として活躍。
今は、次の夢に向かって頑張っています。









横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード