*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。二俣川校の岡島忍です。

前回、このブログにてQゼミオリジナル「Qワード」についての
お話をしましたが、その続きになります。

今回は、どうすれば「わかることば」が増えるのか
その方法についてお話したいと思います。

答えは簡単で、「自分のことば」で例文づくりをすることです。

とにかく大事なのは「自分のことば」で例文をつくることです!
与えられた語句を使っての例文づくりは、決して楽ではありません。
ですから、国語辞典で調べた際に、つい載っている例文を
写してしまいがちです。

しかし、これでは自分で語句を考えて作った訳ではありませんから
語句の意味・使い方が定着しないままで、終わってしまいます。

語句の意味を考え、どんなときに使うのかを考えた上で
例文づくりをしてみましょう。

大人が書くようなものを書かなければと思ってしまいますが
ちょっと見た目が変でも、オリジナルの例文の方が、
「力」になります。

ひとつアドバイスとしてお伝えすると、自分に興味のあることで
例文づくりをすると、楽しみながらできると思います。

 実際に、このような例文をつくってきた生徒がいました。
とてもいい例文なので、紹介したいと思います。

「意図」…坂本龍馬が大政奉還を考えたのは、幕府の政治を終わらせ
     政権を朝廷に返そうという「意図」からだった。

「糧」…兵糧攻めとは、敵に生きる「糧」である食べ物が
    渡らないようにしてしまう攻め方だ。 

この生徒は、歴史が大好きな女の子です。
いわゆる「歴女」(レキジョ)で、すべて例文が歴史にまつわるものに
なっています。
とてもオリジナリティーにあふれるものですね。

この例文を作った生徒はすごく時間がかかり、苦労しながらも、
楽しみながらやっていたそうです。
自分に興味のあるもので例文づくりをして「わかることば」を
増やしていきましょう!
SEN_0576_convert_20101217012219.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ


横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード