*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。
二俣川校の岡島忍です。

みなさんは、国語の記述問題は、どのように採点されているのか
気になったことはありませんか。

問題集のような模範解答を書かないと点数がもらえないと思い
苦手意識をもってはいませんか。

実は、学校は受験生に問題集のような模範解答を求めている
わけではありません。

近年の入試の国語問題の特徴として記述問題が
多くなっていることがあげられます。
これは、学校側が、考えることができる子、表現力を持った子を
求めていると言えます。

市販の問題集をみると、同じ記述問題であっても出版会社によって
解答例が異なります。
これは、題意の捉え方やポイントの置き方が違うからです。

ここから分かるように、記述問題は、記号選択のような絶対的な
正解というものはなく、受験生が小学生として自分なりに考えた
答えが求められ、問題集のような「おとなの言葉」で書かれた
模範解答を望んでいるわけではないのです。

ですから、設問に対して、解答しなければならない要素を
きちんとおさえた解答であれば、その表現に多少、幼い部分が
あっても大きな減点にはならないような採点がなされています。

実際、少なくとも中学入試における記述問題では、部分点を
与えていくような採点が一般的です。

〇か×かの記号選択とは違い、記述問題は部分点がもらえる
可能性があるので、面倒だから、難しそうだからといって
避けるのではなく答えられる範囲で努力して答えを書くように
することが大切です。 

頑張れ、Qゼミ生!
IMG_8699_convert_20101020200000.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード