*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

Qゼミ横浜校の植松秀也です。

だいぶ秋を感じられるようになりました。
私のいちばん好きな季節、到来です。

さて、小学6年生の歴史の授業準備をしているときに
たまたまネットで見つけたおもしろい話題を紹介します。

江戸時代の老中『田沼意次』といえば・・・
そうです!
<わいろ政治で失脚>が定番。
「悪の政治家だ!」という印象が残っている人が
多いのではないでしょうか。

ところが
「田沼の政策により日本は大きく変わっていたかもしれない!?」
という話です。

※以下はネットから収集した情報ですので、真偽は定かでは
 ありません。念のため。

<田沼の政治評価>
・貨幣流通社会の到来を見こして
「農耕政策」ではなく「商業政策」が中心
→税が「年貢」であるにも関わらず「農耕政策」をないがしろにしたので
 他の老中から非難された

・鎖国中にも関わらずロシアと外交を進めようとした
→北海道開拓を推進して、最終的には「開国」も視野に入れていた
→貿易による外貨の獲得が目的
→イギリスの対アジア政策に対抗して、ロシアと手を組んで
  軍事力強化をもくろむ
→他の老中からは「鎖国否定」「北海道開拓による浪費」を非難された

今となっては当たり前のことを進めようとして、古い考えの老中に
反対されて失脚したとの見解です。

さらに、こんな噂も・・・
  ・江戸時代はわいろ政治が横行していた → 田沼だけではない
  ・後任の老中松平定信が、田沼失脚のシナリオを書いた張本人??
  ・松平は田沼の息子殺害にも関与している
  ・田沼の善政の記録を松平はすべて破棄??

歴史は知れば知るほどおもしろいですね。
そして、いつの時代も「人と人との関わり」が、社会と歴史を
動かす・・・ということがよく分かります。

ただの丸暗記ではない、歴史のおもしろさを、ぜひみなさんに知って
ほしいです。
ed2_-136_convert_20110130011011.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード