*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは、横須賀中央校の秋吉達也です。

勉強について、特に入試を意識する上で大切なことは
「苦手科目をつくらないこと」そして「得意科目をつくること」です。

そんなの当たり前だと言われてしまいそうですね。
最近では「得意科目をつくること」、ある科目については
突出した才能がある人が求められる傾向が強まっていますが
ここでは「苦手科目をつくらないこと」の例を挙げたいと思います。

高校に入学すると、どの教科も中学校の何倍も難しいことを
何倍ものスピードで学ぶことになります。

特に早くにつまずきやすいのが「数学」です。
多くの高校では学習カリキュラムが高2もしくは高3から
文系(英語、国語、社会中心)と理系(英語、数学、理科中心)に
分かれ文系に進むと数学の授業を受けなくてもよくなります。

したがって数学が苦手でも大丈夫、文系に進めばいいのです・・・と
言いたいところですが、ちょっと待ってください。
自分が将来進みたい道をきちんと思い浮かべてみましょう。

その進路を志すのに理系と文系どちらが適しているかを
しっかり考えてください。
その結果として「自分のしたいことをするために文系に進む」のは
とてもいい選択です。

避けて欲しいのが「数学が苦手だから(仕方なく)文系に進む」
という選択です。
数学という1科目のせいで自分の選択肢が限られてしまうのは
非常にもったいないことです。

また、文系であっても大学受験科目選択において数学を
選ぶことが有利に働くこともあります。
さらに指定校推薦を狙う場合は評定平均が大変重要となり
苦手科目によって平均が下がると希望の学校の推薦を
取ることが厳しくなります。

苦手科目のせいで将来の選択の幅が狭まってしまうことが
ないよう、どの科目も最低限の学力は保つようにしましょう。

頑張れ!Qゼミ生!
ed1_-148_convert_20110224001732.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード