*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。小学部の佐野です。

国語の授業でたまに(というか定期的に)
「短歌」とか「俳句」がでてきますね。

「短歌」は「五七五七七」でほかにも句切れだとか枕詞とか
なんとかかんとか…
「俳句」は「五七五」であとは季語とか切れ字とか
なんとかかんとか…

今日は「なんとかかんとか…」は置いといて、
「五」と「七」の話です。

一般に「七五調」と言って、五音とか七音の言葉のまとまりは
言いやすい、読みやすいのですね。
つっかえないで、するするっと読めるのが「七五調」です。

いろは歌留多にも「七五調」、いっぱいあります。

「ちりも積もれば山となる」
「笑う門には福来る」

これらのように「なるほどね」「ああ、そうだよなあ」
と実感できるものが多かったりします。

歌留多ではないけれど、当たり前のこと、当然の道理を
言い表した言葉で

「犬が西向きゃ尾は東」
「汽車は出ていく煙は残る」

なんていうものがあります。
頭ごなしに「当たり前だろ!」といわれたらカチンときますが
こう言われると、なんだかほのぼのしてしまうから不思議です。

最後に川柳を紹介。

「居候三杯目にはそっと出し」
「売り家と唐様で書く三代目」

ご存知ですか?解説はまたの日に。
ed1_-19_convert_20110221015721.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード