*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

北山田校の吉村功です。

『国語力は、全科目を支配する。』
Qゼミが唱えている考え方です。

言葉を獲得する、つまり、語彙数を増やすことが
学力向上につながることは言うまでもありません。

しかし、子どもたちとの会話で
「え、この言葉知らないの?」
と驚くことが、しばしばあります。

たとえば・・・
以下の言葉を説明してみましょう。

「猫が、縁側で日なたぼっこをしている。」
 ヒント)すしネタではありません。

「お母さんが、洗濯物を軒先につるしていた。」
 ヒント)外だけど家の一部です。

「太郎、急須を取ってきてくれる?」
 ヒント)お茶をいれましょう。

「お父さんが、私の賞状を床の間に飾った。」
 ヒント)和室によくあるスペースです。

「おばあちゃんが、おみやげを風呂敷に包んで持ってきてくれた。」
 ヒント)お風呂には関係ありません。

小学6年生でも、上記の言葉を、よどみなく説明できる生徒は
多くはないと思います。

しかし、このような言葉は、中学入試に出題される名作には
当然<登場してきます。

では、言葉を獲得していく方法は…?

上記の場合、すべて日常生活に関係する言葉です。
日ごろのご家庭での意識度が、語彙力に影響してきます。

子どもに、どんどん新しい言葉を教えてあげましょう。
Qゼミ生の国語力アップは、日常生活も授業のひとつとして
ご家庭に伝えていることです。
SEN_0559_convert_20101020001343.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ


この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード