*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

横浜校の佐野です。

突然ですが、「御」という漢字の読み方を、いくつ言えるでしょうか。
答えは五つあります。

音読み、訓読みで分けると、音読みが「ゴ」と「ギョ」
訓読みが「お」と「み」と「おん」です。

タイトルの「御の字」は「おんのじ」と読んで、
「ベストではないけれど、まずまず満足すべき」
というようなとき。
例えば「全科目平均点を超えれば御の字だよ」のように使います。

「ゴ」と「お」はいわゆる丁寧語で、普段からよく使っていますね。
「お菓子」「お茶」「ご飯」・・・例を挙げたら、いくつでも出てきそうです。

「ギョ」と「み」は、あまり見かけないかもしれませんが、
「御車(ぎょしゃ)」、「御仏(みほとけ)」などに使われます。

「み」と読むときは、「お」だと読み辛いときが多いようですが
(「おほとけ」っていいにくいですよね)
「み」の前に、さらに「お」をつける言葉があります。

「御御輿(おみこし)」「御御籤(おみくじ)」とか
「足」や「帯」を丁寧に言うときの
「おみ足」「おみ帯」などがそうです。

「味噌汁」の丁寧な言い方の「おみおつけ」は漢字にすると
「御御御付」とトリプルです。

逆に「お」をつけて後ろを省いてしまう言葉もあります。
「おでん(御田)」は、元は伝統芸能の「田楽」に由来するものです。

「土産」に「お」がつく「御土産」を「おみや」と言ったり、
「頭」をさす「つむり」に「お」がつく「おつむり」を
「おつむ」と言ったりします。
「さつまいも」を「おさつ」、「じゃがいも」を「おじゃが」と
言う人もいますね。

付いたり省いたり、日本語は面白いというか、難しいというか・・・
ed1_-80_convert_20110125010026.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード