*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

いずみ中央校・畠中真美です。
2月3日、節分・・・新設校、大評判の市立南附属の入試の日でした。

さっそく、
「先生、けっこうできたと思うよー」
と、生徒が問題用紙を持って、Qゼミに来てくれました。
ほっとした笑顔です。

「国語」「算数」「理科」「社会」にきちんと分かれているような・・・
相模原・平塚の問題よりも、「とっつきやすい」印象。

生徒にとっても、びっしりと問題が印刷された問題用紙でもなく
高校入試でもよく出る「グラフ・表・資料の読み取り」、そこから
「考えられること」「意見」を、きちんと書く。

Qゼミの授業で鍛えた生徒には、見慣れた感じの問題が
多かったと思います。

ただ、どこで差がつくか?
都道府県や、横浜の歴史、難しくありません。
図形も、天体も、人体も、細かい知識は、不要。

私は、やはりよく出る問題ではありますが
「環境の変異は是か否か」
「なぜ、そう考えるのか」
「生態系とヒトの関わりを、どう捉えるのか」
思考力・記述力が、差がつきやすかった点なのではないか?
と思います。

Qゼミでも
「合格する力は国語から」
が、指導のスタンスです。

読書くらぶで、膨大な量の試験問題を速く正確に読む力をつけ、
作文講座で記述力を磨き、授業で使える知識と、思考力をつける。

それは、そのままメディア・リテラシーにつながり、受け身で情報を
待っていては、もはや遅すぎる時代の「生きる力」に繋がっているのでは
ないでしょうか。

入試問題は、机上の空論ではなく、生活に根ざした知力・思考力。
そう思いました。
ed1_-171_convert_20101225001720.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード