*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。都筑校の松田英俊です。

中学受験が終了すると同時に、新しい学年の授業が開始しました。
みんな新しいテキストをカバンにつめこんで
後ろにのけぞりそうになりながら(笑)元気に通っていることでしょう。

新5年生の算数では、第1回に倍数・公倍数
第2回に約数・公約数があります。

これらは今後に習う、様々な単元の「素」になる単元でしょう。

倍数を書き出す、約数を書き出しているうちは容易に理解できます。
2つの数の倍数や約数を書き出し、両方にある数は、公倍数・公約数。

これも大丈夫でしょう。

書き出した公倍数の中の一番小さいものは最小公倍数
公約数の中の一番大きいものは最大公約数。

なるほど、これも大丈夫。


では、5秒で答えてみましょう。

(1)24と36の小さい方から3つめの公倍数は?(答え 216)

この程度の問題であれば、頭の中でパッと計算できなくては!

大きい方の数(36)を2倍、3倍・・・と計算する中で、
それが小さいほう(24)の倍数になったものが最小公倍数(72)
その3倍が答えになります。

つまり頭の中で次の計算をします。
36×2=72(最小公倍数)
72×3=216(3つ目の公倍数)


(2)24と36の最大公約数は?(答え 12)

これは、24と36が両方とも6の段の数なので、6の倍数である
12という数が浮かぶかどうかです。
両方とも6で割れる。
じゃあ12で割れるかな?と考えてみるのです。

この類の問題では「連除法」という方法を習うので
1つ1つ計算すれば求められます。
が、まずは暗算で答えを予測し連除法で確かめるという地道な努力を。

それが、数字の扱いが上手な小学生になる道です。
ぜひ実践してください!
ed1_-82_convert_20110121005639.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード