*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。
関内校の外丸ルミ子です

中学入試の、あの長い国語の文章をいかに読みこなし、
克服していくか。
私論を何回かに分けて書かきます

今回は「精神年齢」。

国語の文章は、中学3年生~高校1年生の教科書レベルの文章が
出題されます。
ということは、それを読みこなせるだけ大人の感覚・知識が
必要になります。

11歳12歳の6年生が、中学生、高校生、はたまた大人が主人公の
文章を読み、心情を読み取ろうとすると、

「気持ちがわからない・・・」
「状況がわからない・・・」
と、悪戦苦闘

生徒にはよく「だから精神年齢を上げないといけない」
と言います。

しかし、そう簡単にできるわけがない・・・
そこで、まず「我慢をしろ」と言います。

ゲームをしたいけど、勉強してから。
テレビが見たいけど、30分だけ。
だらだらしたいけど、宿題をしなくちゃ・・・などなど

こんな些細な我慢でいいのです。
自分を意思でコントロールできるようになることで、精神年齢は
上がるはずです。
「目的に向け、行動できる」のが、大人と子どもの差。

今まで教えた生徒の中で、それができるようになった生徒は
大人の文章を読めるようになり、国語の点数が上がっていきました。

こんなことで国語ができるようになるのと思われるでしょうが、
高めた精神年齢に、

① いろいろな読解のコツ
② 疑似体験
③ 時事的・歴史的な知識など

ブレンドしていくと、解けるようになっていくのです。

ぜひ「自己統制」ができるようになるため
「ちょっとがまん」をする訓練をしてみてください。

今回は、触りだけですがこのへんで・・・
このブログで、これから少しずつ語っていきます。
ed1_-6_convert_20110112021554.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード