*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

北山田校の唐木綾子です。

普段の授業では、小・中学生の国語の授業をしています。
今回は、国語の話です。

国語で扱うのは、もちろん日本語です。
生徒たちからは、こう言われたりもします。

「なんで、話せるのに日本語を勉強するの?」
「勉強しなくても、だいたいわかるよ」

また、
「私には、国語のセンスがないから無理」
と言う生徒もいます。
本当にそうなのでしょうか?

国語の授業は、日本語のルールを学ぶものです。

もちろん、日本語は毎日たくさんの人に話され
書かれていて、ルールにまとめられない部分も
少なくはないでしょう。

しかし国語の問題では、ルール化できない問題は
出てこないのです!

問題はルールに従って示され、ルールに従った答えが
用意されています。

では、その答えを導くために必要なことは何でしょうか。

『問題をしっかり読むこと』です。
もっと言えば、
『ルールに従って問題を読んで、答えのヒントを得ること』
です。

例えば、
なぜですか→理由を答える
棒先部1とありますが、→近くに答えがある
20字以内で→答えは15~20字で表せる
などです。

国語が得意な生徒は、問題文の読み方が得意なのです。
こういった『問題文のルール』は演習を積むことで
身につけられます。『センス』ではありません。

国語の授業は、日本語のルール、問題文のルールを
学ぶところなのです。

普段使っている日本語、そして、国語の問題には
生徒たちの知らない多くのルールがあります。

授業中にはこんな声が聞こえます。
「なんだ、書いてあるじゃん」

国語のテストでは、問題文をしっかり読んで欲しいと思います。
SEN_0708_convert_20100915225130.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















北山田校の唐木です。 普段の授業では、小・中学生の国語の授業をしています。今回は、国語の話です。国語で扱うのは、もちろん日本語です。 生徒たちからは、こう言われたりもします。 「なんで、話せるのに日本語を勉強するの?」 「勉強しなくても、だいたいわかるよ」... ...
横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード