*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

いずみ中央校・畠中真美です。

昨日、中学3年生の国語の授業で「徒然草」を扱いました。
「まったく、最近の若いもんの言葉遣いときたら・・・」
と、鎌倉時代でも、平成の時代でも、考えることは
同じのようです・笑

しかし。
入試においては「通じればいい」平生の言葉とは、意味が
違います。形式を守らなければ、通じない。
そんな初めての場になるのではないでしょうか。

面接試験は勿論、今年は記述問題が多く出題されます。
紙面に、適切な言葉を綴れなければ評価・得点になりません。

では、どうしたらよいのか?

昨今、かつてメディアの代表だった新聞やTVも凋落が激しく
TVの字幕の誤字、新聞の脱字も珍しくありません。

そこで。
今さら・・・と言われそうですが、改めて「本」を読んで
みませんか。

「徒然草」「方丈記」、現代語訳からでも、いいと思います。
古典が生き残ったのは、ヒトの性質の普遍を書いたからです。

ヒトの心根や、社会の在り様を描いた名作、多々あります。
美しい言葉を知ると、書く言葉も変わります。

「・・・ムリ。眠くなる」
という中学生は、夏休みに「読書くらぶ・Eグレード」がお勧めです。
入試に出る、今だから面白い、中学生の物語、多数です!!
SEN_7093_convert_20110122011650.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード