*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

Qゼミ関内校の高橋靖知です。

数学・算数が嫌いって言うのは<多いと思います。
そこで、今回は数学のちょっとしたお話第2弾です。

わり算は、足し算や引き算、掛け算と違って
答がちゃんと出ない。
割り切れなくてあまりが残る。
とてもすっきりしない。

しかし、それは場合によりけりである。

あまりが残る場合と残らない場合があるということだ。
その中でもわかる数がある。
偶数だと、2で割ればすっきりした数になるし
3の倍数だって簡単に割り切れる。

たとえば、
9÷3
15÷3
のようにとってもすっきりした答になる。
ただ、九九が出来ればいいってものではない。

19をきれいに割ることが出来るか??
0で割るのはなし!!それは禁じ手。
それは何でかというと
3×5=15
これを逆にすると
15÷3=5
となる。
しかし、19で考えると
19÷0=??
その逆を考えても、0になってしまい19にはならない。

19は何で割っても、必ずあまりがでてしまう。
この19という数字は割り切れない数字ということだ。
この数字のことを素数というのだ。

数学の中で素数というのは、ずっと昔から手こずってきた
不思議な数。

11とか13とか17とかというのも素数だ。
素数の一番小さな数から考えてみよう。
0と1は駄目!!
2、3、5、7、11、13、17、、、、、、、といった感じになる。
この数こそが素数であり、とてもすばらしいところである。
素数の秘密はこれからである。

すこしでも数学・算数に興味がもてますように
次回はこの続きです。

夏休みは、受験の本番です。
体調に気をつけて頑張っていきましょう。
SEN_0620_convert_20101122010045.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード