*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

タイトルの『学問のすすめ』とは
もちろん言わずと知れた福沢諭吉著のベストセラーのことです。

明治初期に出版され、全17編で計300万部を売ったと
言われています。
当時の日本の人口は3000万人くらいですから驚きです。

その『学問のすすめ』ですが、全編を読んだことがありますか?
みなさん、第1編の冒頭は授業で習って知っていると思います。

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずと云へり」
と言う部分です。

ここだけ見ると、「福沢諭吉は人間の平等を説いているんだ…」
なんて思ってしまいそうですね。
実際にそんな説明をしている先生も残念ながらいると思います。

しかし、その説明をしている人は恐らく『学問のすすめ』を
読んでいないか、ものすごく読解力が無いかのどちらかです。

なぜなら、冒頭の部分はあくまでアメリカ独立宣言の引用であり
その後ろには逆説が続くからです。

福沢諭吉は『学問のすすめ』のタイトル通り
「学問はなぜ必要なのか」
「学問をするとはどういうことなのか」
ということを古今東西さまざまな例を挙げながらを記しています。

明治初期に、これだけのことを考え、広めていた諭吉の見識には
舌を巻くばかりです。

これからの時期、受験生は読書の時間を作るのは
難しいかもしれませんが、息抜きの時や勉強に疲れて
「何で勉強しなくちゃいけないの?」
とふと思った時にぜひとも読んでみることをお勧めします。
(現代語訳で十分です!)

もしかしたら、あなたの未来を変える1冊になるかもしれませんよ!
SEN_0887_convert_20101013233330.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード