*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。
都筑校 西山和彦です。

毎年恒例になっている「国語に関する世論調査」の結果が
文化庁から発表されました。
新聞等で公表されていたので、ご覧になった方も少なくないと思います。

その中で思わず「え?」と思ってしまったのが標題の「失笑」でした。


突然ですが、問題です!
「失笑」とは、どういう意味でしょう。

A:こらえ切れず笑ってしまう
B:笑いも出ないくらいあきれる

どちらを選びましたか?
私は、迷わず「B」を選んでしまいました。


辞書を引いてみると・・・


「おかしさをこらえることができず吹き出すこと。」(大辞林)
従って、正解はAです。


これまで、何の疑いもなく使ってきた言葉が
全くの逆の意味だったことを知り、驚いてしまいました。

負け惜しみの言い訳にはなってしまいますが
言葉は生き物のようなもので、時代と共に使われ方が
変化していくということも、これまた事実。

一例を挙げると・・・
「とても」という副詞は、必ず打ち消しの表現と共に使う言葉で
「とても出来ない」と用いるのが本来の正しい用法でした。

明治時代・末期あたりになると「とても面白い」という
肯定の意味“でも”使われるようになったそうです。


言葉の使われ方の変化を辿っていくと
「とても」面白い新たな発見をすることができるかもしれません。
もし、見つけたら教えて下さいね!

最後にもう1題。
「にやける」とはどういう意味でしょう。

A:なよなよとしている
B:薄笑いを浮かべている



正解はA。
分かりましたか?
SEN_0408_convert_20101207011817.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード