*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

「丁」「賞」「感」「微」「余」のススメ

北山田校の吉村功です。

ここ数日は入試時期を感じさせる寒さです。
「キーン」と頭を刺すような朝の空気、身が引き締まります。

前回のブログでは受験生向けのメッセージ。
今回は受験生を持つご父母向けの生活提案です。

「腫れ物に触るような接し方」は必要ないにしても
受験生の接し方、この時期は不安がよぎります。

勉強していない我が子が視界に入るなり、何とも言えない
感情が込み上げてきます。その時は笑顔でも眼は怒っています。


とはいえ、受験するのはわが子、最高のコンディションで
本番に臨むようにしていあげたい思いは当然のことです。

だから、

丁寧に話しましょう。行動しましょう。
賞賛はヤル気の源です。
感性(優しさ,気づき,共感)で見守りましょう。
微笑はすべてをポジティブに変えます。
余裕は安心をもたらします。

実は、「丁」「賞」「感」「微」「余」はQゼミ講師行動原則のひとつです。
私たちが日々実践している成功事例です。
SEN_0634_convert_20101108020514.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード