*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは!都筑校の松田英俊です。

中学受験コースでは、新学年の授業が始まって2週間が
過ぎようとしています。
新しいテキストに希望(と若干の不安?)を覚えながら
みんな日々の学習に励んでいることでしょう。

毎週、新しい単元の学習に追われ、あっという間に1ヶ月を
駆け抜けた後に待ち構えているのが、恐怖の(?)組分けテストです。

「組分けテスト」では算数の配点が200点満点。
これは、4教科合計点の3割を大きく越える配点です。
算数の出来が、希望のコースを勝ち取れるか否かを左右することも
少なくありません。

ここで「予習シリーズ算数」の使い方を、あらためて確認しましょう。

予習シリーズは、主に例題、基本問題、練習問題で構成されています。

まずは例題。
最も基本的でありすべての基であるはずの「例題」が、
実は、その言葉通りではない場合があります。

つまり、例題が基本的でないことがあるということです。
一方、そのあとに続く基本問題には、例題に比べて解きやすい問題が
多くありますから、理解状況や目標によっては、こちらを重視すべき
というケースもあるでしょう。

つまり、標準的な進め方のイメージである「例題→基本問題→練習問題」
という一連の学習順序は、かならずしもベストであるとは
言えないこともあるわけです。

また、別冊の計算や演習問題集にも、基本的でとても大切な問題が
隠れている場合があります。

もちろん、上記の流れでスムーズに学べている場合もあるでしょう。
算数に苦手意識がある場合は、他の教材も含めて使う順序を見
直してみるのも1つの方法です。

予習シリーズを熟知しているQゼミの先生は、細心の注意をはらって
授業を展開していますからご安心を♪
ed1_-36_convert_20110107010726.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード