*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

川崎校の茂田井良幸です。こんにちは。

川崎校では小学生の
「宿題やってきたよー!」
「次の授業は何ー?」
という声が多く(大きく)聞こえてくるようになりました。

というのも、1つは新学年になり時間割が変わったこと
もう1つは「市川」の存在があります。

川崎の小学生の間では大きな注目を浴びている「市川」こと
川崎市立川崎高校附属中学校の開校まで、1年を切りました。

合否を分けるポイントは以下の3点です。

①作文を含む適性検査
②面接
③調査書

この中で昨年の夏に行われた初回の説明会で、特に焦点が
当てられていたのは、①の適性検査の内容でした。

すでにこちらに関して、Qゼミでは今年の神奈川県内の
適性検査の分析も行い、生徒ひとり1人に合わせた形での
対策を始めています。

受検ムードが高まる秋以降には、②の面接の対策も行います。

③の調査書に関しても、現在、各家庭と面談を行い、各生徒に
合わせた対策を計画しています。

倍率10倍と推測される受検に対し、どのような対策を行っていくか?
過去、他の公立中高一貫校に合格したQゼミ生のデータと合わせて
指導を行っていきます。

「市川」だけでなく、公立中高一貫校の情報について気になる方は
3/16(土)に『適性検査分析会』を無料で行います。
こちらでは、Qゼミの適性検査の分析による傾向や対策をお伝えします。

ご興味のある方は本部事務センターまで、お電話にてお申込ください。

合格に向け、何を行うかをお伝えします!!
ed1_-128_convert_20101230005418.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード