*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

横浜校の益田和典です。

先日、話をしていて「定性的」「定量的」の話になりました。

「定性的」とは、辞書で調べると、どうやら理科的な分析や
研究で主に使われる言葉のようですが、質的なものという意味が
あるようです。
「定量的」は、対をなす言葉で、量的なものという意味です。

勉強に置き換えてこの言葉のニュアンスをお伝えすると、

「きのう勉強がんばったよ」が「定性的表現」で
「きのう、計算20ページやって2時間やったよ」
が「定量的表現」です。

勉強は、人によって、受け取り方は違うものです。
自分ではがんばっているつもりでも、ほかの人(主に親)から
見ると、それが伝わらなかったりします。

今年から、Qゼミ小学部受験コースの小5・小6に
「学習計画実行ノート」を導入しました。

まず、自分で目標を決めて、予定(スケジュール)を立て
その通り出来たかいかないかを評価する。

また、目標に対して到達したかどうかを振り返り
次の計画を立て直す。
「勉強の見える化」をしていく取り組みです。

小学5年生では、まだまだ自分で予定を立てる難しさも
ありますが、保護者の方にサポートして頂き、少しずつ
使いこなせるようになってきました。

小学6年生では、「実行ノート」を横に置きながら
自習をしている様子が目立ってきました。

ただ、「がんばった」ではなく、「何をどれくらいやった」が
表現できるように、みなさんもがんばってください。
ed1_-80_convert_20110125010026.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード