*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

北山田校の明島正です。

今回は、意味が変わってしまった「ことわざ」の話をします。

「犬も歩けば棒に当たる」

・・・ということわざは、うろつき歩いている犬が
人に棒で叩かれるというところから
「でしゃばると、思わぬ災難にあう」
という、戒めの意味で使われてきました。

ところが、現在では
「何でもいいからやってみれば、思わぬ幸運にあう」
ことの「たとえ」として使われているようです。

「当たる」という印象から、意味が正反対になって
しまったのかもしれません。

「棒」が「幸運」をあらわすというのは、少々無理が
あるような気もしますが・・・・
辞書にも、新しい意味が載せられています。

 「情けは人の為ならず」
・・・とは、
「情けを人にかけておけば、めぐりめぐって自分に
 よい報いがくる。
 誰にでも親切にしておいたほうがよい」
という意味です。

現在では「人に情けをかけるのは、その人のためにならない」
という意味で使っている人も多いようです。

「犬も歩けば棒に当たる」のように、誤用であっても時代の流れで
認められてしまったというのが、言葉の解釈の面白いところです。

新しい意味として、辞書に載せられる日が、やがては
やって来るのかもしれません。
IMG_8498_convert_20101203000142.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード