*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

Qゼミ二俣川校の山口祐介です。

最近、自分の授業がいい意味で雑になったように感じます。

特に難関校受験クラスの授業では、
ホワイトボードを使わなかったり、
「ここからは、○○算だから自分で解いてください。」
など、手をかけすぎない・差し伸べすぎない。

あれこれ自分が口を出すと、生徒は成長しない。
先生が、生徒の力を伸ばす手助けは無限ではない。
本人が試行錯誤をしない限り絶対に成長はない!

断言します。

最近は、子ども達の生活も便利になり何も不自由がない。
だからこそ、すぐに諦めたり、甘えたりしたりする。

子どもを既存の(親や先生がつくった)レールの上を
走らせることも大事だが、自分でレールを作ったり
レールの上を走るトロッコを自分で組み立てたりする
ことの方が、より大切だと思います。

トロッコがレールから外れてけがをすることもありえます。
が、それはそれで大きな経験。
周りの大人がしっかり見守ることが大切です。

失敗・けが・成功を自分ですることで、立派な大人に
なるのではないでしょうか。
私は、そう考えて今後も指導にあたりたいと思います。

頑張れ、Qゼミ生!
ed1_-128_convert_20101230005418.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード