*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ことばの学校 事務局の須藤孝行です。

少し以前になるのですが、ネット上で、小2国語の問題が
「超」難しい、と話題になっていました。
ご存知の方いらっしゃいますか?

実際に学校で出題された、こんな問題です。

問 つかい方が正しいほうを○でかこみましょう。

ike_130321mondai01_convert_20130614151453.jpg

1.星が「きらきら/キラキラ」している。
2.犬が「わんわん/ワンワン」ほえた。
3.うさぎが「ぴょん/ピョン」とはねた。

この問題に対して、
「難しすぎる」「正解があるのか!?」
「どちらでもよい気がする!」「できなくてもなんの問題もない」

というコメントが多数寄せられていました。

しかし、この問題が「小2」の学習カリキュラムの確認テストで
あることを考えれば、難しいはずはないですよね?

写真の下のほうにちらっとヒントが書かれています。
これは、「カタカナ」で書くことばの確認なのです。

日本語の表記の規則では、以下に分類されるものは
原則「カタカナ」で表記します。

1 外国から来たもの
(中国など漢字文化圏以外)
2 外国の国(土地)や人の名前
3 いろいろなものの音を表すことば
(「擬音語」といいます)
4 鳥やけものの鳴き声
(これも「擬音語」)


※ ちなみに、音が出ない=単に様子を表すことばは
「擬態語」と言います。

言い換えれば、実際に「音」が出るものは「擬音語」=カタカナで書く
音が出ないものは「擬態語」=ひらがなで書く、ということですね。

つまり、これを上記の問題に当てはめれば、2.だけ音が出るので
「カタカナ」で書き、1.3.は「きらきら」「ぴょん」という
音がするわけではないので、「ひらがな」で書く、ということなのです。

これ、普段の生活で、なにも困らないし、できなくてもなんら
問題ないように思われがちですが、このあたりに現状の国語学習の
問題が表れている気がします。

ひらがな、カタカナは表音文字です。
単体で意味を表すことはできません。

しかし、上述のように
擬態語」はひらがな、「擬音語」はカタカナ
という使い分けをしっかりしていれば、
見た目だけで瞬間に「擬音」「擬態」の
どちらを表しているのかを判断することが
できるのです。


※「アメリカ」(国名)を「あめりか」、「ディズニー」(人名)を
「でぃずにい」とは決して書かないのと同様です。

とりわけ外国人が日本語を学習するにあたって、このような規則は
論理的に学ぶのに好都合です。
文字は論理記号であって、時間・空間に制限なく、情報を伝達する
ことができる道具です。

であれば、共通のルールに則って、正しく情報を伝えるには
正確に表記することが重要なのは言うまでもありませんね。

決して「知らなくても困らないこと」「どうでもいいこと」
ではないのです。

頑張れ、Qゼミ生!

読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード