*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。北山田校中学受験コースの永野和寿です。
今回は、私立中学の午後受験についてです。

今では、多くの学校が午後受験日を設定するようになりました。
試験の開始時刻を、午後3時前後に設定していますので
午前中に他校を受験した生徒が、併願校として受験します。

一般的に倍率が高く難しくなると言われていますが
実は学校によって様々です。
2月2日の午後受験校として定着しつつある、山手学院と
日本大学について、今年の倍率を調べてみました。

<山手学院・2月2日 午後B日程 定員60名>

・志願者数683名 受験者数488名 合格者数283名
・志願倍率11.4倍 実質倍率1.72倍

<日本大学・2月2日 午後B日程 定員40名>

・志願者数911名 受験者数547名 合格者数116名
・志願倍率22.78 実質倍率4.72倍

まず、定員の何倍もの合格者を出していることがわかります。
午後受験校は併願校として受験するため、合格しても
入学しない生徒を考慮して合格者を出すからです。

次に、志願者数と受験者数が、かなり違います。

どちらの学校も2月1日にも試験日を設けています。
そこで合格した生徒は、もう受験をしないこと
志望順位の高い他校を2月1日に合格している生徒も
受験をしないことが要因です。

山手学院は2月1日午前A日程の実質倍率は2.42倍
2月4日午前C日程の実質倍率は3.81倍です。
よって、山手学院においては、2月2日の午後受験が
一番の狙い目と言えます。

日本大学は2月1日午前A日程の実質倍率は2.29倍
2月5日午前C日程の実質倍率は5.61倍です。
よって、日本大学においては、2月1日の午前が一番の
狙い目なのです。

学校によって、午後受験の難しさは異なります。
志願倍率に流されることなく、午後の受験校を検討してください。
IMG_8693_convert_20101114234121.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード