*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

Qゼミ二俣川校の山口祐介です。

去年の今頃は、ちょうど夏期講習の過ごし方を書いていました。
ですので、今回はもう少し先の話・過去問についてお話したいと思います。


①過去問は9月からスタート!

状況により、多少前後しますが、基本的には夏期講習明けがよいでしょう。
夏期講習の狙いはそもそも「基礎の定着」「受験に向けての足場作り」です。
(主に前者のウェイトが大きいですが)

その後に、過去問に取り組むべきです。
初めは厳しい結果が待っていると思います。
が、同じ問題を1月にやってみると、解くスピードや正答率に大きな変化が
あるでしょう。

初めは厳しい結果でも、入試直前に7割得点できるよう頑張ってください。


②第1志望の学校は最低5~6年分は解く。

あくまでも「目安」ですのでこれが「望ましい」という言い方に
留めておきます。しかし実際に敵(問題傾向)を知るには、これくらい
解かないと対策も分からないものです。

学校により、最大で10年分が掲載されている過去問もあります。
第一志望の学校は、掲載されている全ての年度を解くことが必要でしょう。


③満点を取るテストではなく、みんなが出来る問題を失点しないこと。

実際に合否の分かれ目になるのは「ケアレスミス」です。
みんなが出来ていたところで失点してしまうことが
一番危険なことです。

満点を取るに越したことはありませんが、合格者最低点が
巻末などに掲載してあるのであれば、その得点を意識して
無理に満点を必要はありません。


主に、この3つを気をつけましょう。最後に、親御さんに向けて一言。

「お子さんに向けて、勉強しやすい環境をつくってあげてください。」

例えば、実際の入試に向けて雰囲気を作ってあげたり
(実際の入試問題そっくりに体裁を整えるなど)、過去問に対して
一喜一憂しないように。

(過去問はあくまで過去問に過ぎません。良かれ悪かれその問題は
 もうその学校では出ないのですから。
 また、本人も頑張った結果ですから心ない言葉をかけるのは・・・)

皆さんの合格を祈っています。
IMG_8690_convert_20101019005833.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード