*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは、国大Qゼミの岡田隼一です。
神奈川県公立入試まで今日(9/17)で残り「150日」。
受験生の皆さん、この日数を長いと思うか短いと思うかは
「君次第!!」

夏期講習から実戦特訓も始まり、先日「秋期実戦特訓」も
スタートしましたね。
今回は受験勉強の「理科」についての話をしたいと思います。

ほとんどの人は理科を「暗記科目」と思っていますよね。
それで、教科書やノート、参考書に書かれているポイントを
まとめている人がいますね。

確かに、それをすることも大事ですが・・・これでは直接的な
理科の勉強に、特に入試の理科の勉強には繋がらないんです。

なぜかというと「暗記」するものを間違えているからです。
そして入試理科を攻略するもう一つのことも大事だからです。

では、入試理科で暗記するものは何かというと・・・
基本内容もそうですが、それ以上に
「問題の出題形式と考え方・解き方」
を覚える方が大事なんです。

自分で覚えている内容も、出題方法が変わると考え付かない
・・・そして解答を見て「これでよかったのか~」という
経験がある人もいると思います。

だから、内容暗記以上に「出題形式と解き方」の暗記が
大事なんですね。

ちなみに、究極の形としては・・・例えば
「実験道具を見ただけで、どんな問題と答えが考えられるか」
を考えられるくらい暗記できると、すごいですね!

次に、入試理科を攻略する為のもう一つの大事なこと。
それは「長文を読むスピードアップ+読解力のアップ」です。

これは「国語」のことだ~って思う人もいるとおもいますが
今までの理科の模試(もしくは過去問)を思い出して下さい。
問題の文章が長く、内容を読み取れない問題もあったはずです。

しかも、そういう問題は大問になって連続して問題が続くので
その大問を丸々点数落とした・・・という人もいるはずです。
だから「読むスピードのアップ」、これを攻略する為にも
色々な問題を解いて下さい。

理科の点数に伸び悩んでいる人は、今回のことを是非
実践してみて下さい。
だって、公立高校入試まで残り「150日」残っているのですから!!
IMG_8522_convert_20101126000453.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード