*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

二俣川校の佐藤淳です。

夏も終わり、少しずつ過ごしやすい日々が増えて参りました。
夏期講習や実力テスト結果の返却と同時に、校舎の壁には
成績優秀者の掲示が貼られています。

授業前や休憩中には、掲示物の前に生徒が集まり
目を皿のようにして見つめています。
今回、初めて名前が載った生徒も多く、一夏のがんばりが出た
結果には、生徒達の色々な思いが詰まっているようです。

このタイミングで私たちQゼミスタッフが必ずすることをひとつ
(本当はいくつもあります)お伝えしておきます。
がんばって成果が出た時は「すかさず褒める」ということです。

大事なのは「がんばって出た成果」だということと
「すかさず」ということです。
たまたま出た結果を褒めても何も響きません。
しばらく経ってからでは、価値が半減してしまいます。

じっくり褒める場合もあれば、あえて一声かける程度に
軽く褒める場合もあります。
このタイミングを逃すと次のチャンスまで待たなければならず
大きな機会損失になってしまいます。

そのため、帰り際に追っかけていくこともありますし
他の先生の授業に出ている場合は、さっと近づき、ぼそっと褒めて
すぐいなくなる、という荒技も飛び出します。

褒めることで自信がつき、自分がきちんと見てもらえている
という安心感もわいてきます。
生徒の反応は様々で、喜びを全身で表現する子、顔を赤くする子
困ったような顔をする子、泣いてしまう子と十人十色です。

普段から一人ひとりの課題(弱点)を把握し、観察し
そのハードルを越えた瞬間にアタックするようにしています。
 

「かわいくば 二つ叱って 三つ褒めよう(字余り)」

成功体験を通して、生徒自身が進んで学習するようになれば
大成功です。
それが、最終目標です。

ご家庭でも、何かの際(勉強問わず)に褒めてみては
いかがでしょうか。
ed1_-10_convert_20110112223540.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード