*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。ことばの学校 事務局の佐野樹です。

先日、Qゼミの小学生を対象に「読書指数診断」が
実施されました。
受検された皆さん、結果はもう少しお待ちくださいね。

今回ではないのですが、過去に出題した問題を紹介します。
小学生の正答率を予想してください。

●二の足を踏む
1 前と同じ失敗をくり返す。
2 おどろきあきれて、言葉が出てこない。
3 しりごみをしてためらう。
4 二度あったことは必ずもう一度ある。

答えは「3」ですね。
正答率は9.11%しかありませんでした。
小学生にとっては難しい語彙ということでしょうか。

実は残りの選択肢も、「二」から始まる慣用句をもとに
作成したのですが、それぞれどんな慣用句か分かりますか。

「1」は「二の舞」。
「2」は「二の句がつげない」。
「4」は「二度あることは三度ある」でした。

一つのことばに出会ったらその出会いをふくらませて、
より多くのことばを知り、親しんでいく。

それが、自分の使えることばを増やし、表現を豊かにする
コツの一つです。
ed1_-171_convert_20101225001720.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード