*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは、国大Qゼミ久野康晴です。

今回は、県立相模原中等教育学校について、合格された
生徒さんから聞いた貴重な「実際の学校の様子」です。

授業について、一言で言えば、上位の私立中学と遜色ありません。

①授業は1日7時限(1時限は45分)

②数学の教科書は「体系数学」を使用しています。
 体系数学は、私立中学の‘定番’教科書です。

③数学は、代数と幾何に分かれて進めていきます。

④私の取材時、中2の5月で、中2の教科書範囲は
終了していました。

⑤英語の教科書は「プログレス」を使用しています。
 また「新中学問題集・発展編」も併用しています。
 プログレスは、私立中学の‘定番’教科書です。
 新中学問題集は、塾の‘定番’教材です。
 発展編はレベルが高く、私立中学で導入しているところもあります。

⑥中1のときには、プログレスをずっと読み続けるだけの
 時間もあるそうです。
 とにかく読んでいるだけということでした。
(これを加えると英語の授業は毎日あるそうです)

⑦英語では、中1から発音記号を習っています。
(プリント配布程度とはいえ)

⑧毎週、1回10問の英単語テストがあります。

⑨英検ではなく、GTECをやっています。 
 GTEC→http://www.benesse.co.jp/gtec/

⑩国語では、毎週、1回10問の漢字テストがあり
 成績不振者には再テストがあります

⑪漢検は、全員が受検するそうです。

次回のレポートもお楽しみに
IMG_8499_convert_20101006010709.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード