*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

皆さん、こんにちは。北山田校の西本亮平です。

昔から、ふと思うことがあります。
「自分と同じ歳の人たちは、今、どんな事をしているんだろう…?」

世界中には、何万人という自分と同じ歳の人が暮らしています。
その人たちが、何を考え、何をして生きているのか知りたい!
という欲求に駆られるのです。

きっと、自分が知らない事を知っている(その逆も然りですが)
と思うので、
機会があれば是非、世界中に住む同じ歳の人と接してみたい
と思っています。


さて、これから受験を迎える皆さんと同じ歳の人たちも勿論
世界中に何万人も暮らしています。
世界にいる小学生や中学生は、どんな暮らしをしているのでしょうか。

参考までに…
南米にあるニカラグアという国では、小学生は7:00から12:15、
中学生12:30から17:15と、同じ校舎で午前午後に分けて
授業を行なう学校があるようです。

「授業時間が少ない!」という印象を受けるかも知れませんが…
貧しい家が多く、残りの時間は家の手伝いをしたり、
兄弟の世話をする時間に充てているそうです。
これはニカラグアに限らず、アフリカを始め世界の
多くの国々で見られる現象だそうです。


昨年、このブログにて「識字率」について書きました。
「識字率」にせよ、今回取り上げた世界の学校事情においても、
我々日本人は非常に恵まれている環境です。

「思う存分」勉強できるのですから!

特に受験生の方は、ご家族の方からも多大なるサポートを受けて
勉強出来る事を忘れてはいけません。
周りの人たち、そして勉強に集中できる環境にいることへの
感謝の気持ち、これを忘れないように!

合格できる人が持つものは、努力の結晶に加えて
「感謝」の気持ちだと私は常々思います。

さぁ、受験まであと少し!
「努力」と「感謝」の気持ちを問題用紙に
ぶつけよう!!!

ed2_-69_convert_20110116003144.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード