*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。ことばの学校事務局の須藤孝行です。

今年も入学試験シーズンがやってきました。
1,2点が合否にかかわる入試において、国語の漢字の
読み書き問題対策も、決しておろそかにできません。

そこで、今回は、中学入試での漢字対策にむけて
ワンポイント・アドバイスを送ります。

近年の中学入試での漢字の読み書きは、1006字の教育漢字
つまり、小学校6年間で学習する漢字の範囲から出題されるように
改善されました(以前は中学校の漢字も出題されていた)。

そこで、各学校の先生は、学習の成果を判断するのに
教育漢字の中でも、高学年になって学習する難しい漢字を
好んで出題しそうな気がしますよね。

ところが、必ずしもそうとは限らないのです。
去年を例にとると、

1.彼女はキグライが高そうに見え、僕のことなど相手に
  してくれそうになかった。(聖光学院)
2.コメダワラを数える。(横浜共立学園)
3.自動車組み立て作業のコウテイを見直す。(慶應普通部)
4.文化のサイテン。(フェリス女学院)

などが出題されています。


答えは

1.気(1年)位(4年)
2.米(2年)俵(5年)
3.工(2年)程(5年)
4.祭(3年)典(4年)

見てのとおり、上の8つの漢字の半分は、小1~3年までの漢字!
ですが、どの熟語も、日常的に小学生が目にしたり
使ったりするものではないですよね?

もちろん、6年生の漢字もたくさん出題されるのですが、要するに
漢字そのものは難しくはないが
小学生として普段、使うことが少なく
なじみの薄いことばが漢字の書き取りで狙われる!
 
ということなのです。

普段から語彙力を高めて、あまりなじみのないことばでも
漢字で書けるように意識しておくことが肝心ですね。

もちろん、今年の受験生のみなさんは、これから入試本番までの
学習で、このことを意識して漢字練習に取り組み、漢字を着実に
得点につなげてください!

がんばれ! Qゼミ生!
ed1_-19_convert_20110221015721.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード