*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。
国大Qゼミ都筑校 西山和彦です。

悲しいタイトルをつけましたが、大切なお話です。

私が中学3年生の頃、1ヶ月だけクラスメイトとして
一緒に勉強を学んだ女子がいました。

1ヶ月「だけ」というのは、彼女は白血病という病気にかかってしまい
GW明けに入院をしてしまったからです。

担任がお見舞いにいったある日のこと。
病床の彼女は担任に、こう伝えたそうです。

「教科書を見ていても、何を言っているのか全然わからない。
 今、みんなと一緒に受験勉強が出来ないことが一番辛い…。」

体は病魔に蝕まれ、受験はおろか生死をも
気にしなければならない状態。

…にもかかわらずだったそうです。

担任は、涙をこらえながら病室で理科の授業をしてきたと
次の日の学活の時に教えてくれました。

その頃の私たちはというと、受験勉強なんてどこ吹く風。
勉強の「べ」の字も気にしないほど自由奔放な毎日を
過ごしていました。

そんな私たちに担任が言ったことばです。

「彼女が受験することは、残念だけど多分……叶わないと思う。
 来年の春、元気でいられるかどうかも判らない状態の彼女が
 受験のことを心配しているのに

 なぜ君たちは、今しなければならないことをしないんだい?
 なぜ君たちは、後でも出来ることを今しているんだい?


受験生に限ったことではありません。
テストが近くなっても、勉強が手につかず
現実逃避をしたくなってしまったら、自分に投げかけてみて下さい。

 「それは今、すべきことですか?」
 「それは今、しなければいけないことですか?」


IMG_8518_convert_20101128234459.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード