*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

北山田校の明島正です。

「桃栗三年柿八年」ということわざがあります。
芽生えの時から、桃と栗は三年、柿は八年たてば
実を結ぶという意味です。

そして人にあてはめたときの意味は、何かを始めてから
成果があらわれるまでには、それ相応の時期を
待たなければならないということになります。

本来の意味とは微妙な違いがありますが、Qゼミ生には
次のようにとらえてほしいと思います。

「目標を立ててから結果が出る時期は
 人によって違っていて当然だ」

漢字テストで満点をとるぞ、という目標を立てました。
友達がすぐに結果を出したとしても、あせりすぎると
努力が空回りしてしまいます。

自分が一生懸命とりくんでいれば、いずれ結果はついてくると
信じて努力を続けてください。

何かに取り組んだときに、すぐに結果を求めたがるのは
しかたのないことだとは思います。

が、最も大切なのは、地道な努力を続けることです。
「桃栗3年、キミ何年?」
DSCF0165_convert_20110203011644.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード