*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。
すごく久しぶりにブログに登場、山田二郎です。

さて、今回は苦手科目について考察してみたいと思います。
かく言う私も、小中高大と算数・数学が大の苦手でした。

何せ、小学校1年生の頃の「おはじき」ですら嫌いでしたから
もはやDNAレベルと言えるくらいです(苦笑)

そんな私も、ここ3年ほどQゼミ内で算数・数学・理科という「鬼門」
とも言うべき科目を指導しなければならない立場に。

最初は憂鬱で憂鬱で×100くらいの状態でしたが、いざやってみると
・・・意外とイケる!
しかも、子どもの頃にはまったくといって良いほど感じなかった
「解ける楽しさ」が実感できる!こりゃ楽しい!

皆さんも嫌いな食べ物ってありませんか?
「この世から無くなれば良いのに!」なんて、不穏当極まりない
発言をしている人も、たま~に見かけます。

ですが、大人になってみると、あれだけ嫌いだった食べ物が
食べられるようになることも多いです。
それどころか、好物に変わってたりすることも・・・

それは、成長するにつれて、色々な食べ物を経験し
味覚の経験値が増えたから起きることです。

実は、勉強でも同じことが言えるのです。
一見まったくつながりが無いように見える科目でも、その科目の
知識が深まっていくと、物事への理解力が増し、脳の経験値が増えます。

そうなると、過去の自分では手が出なかった内容も
解き方が見えてきたり、公式の理由が分かったりします。

それはまるで、久しぶりに苦手な食べ物を食べたら食べられる!
という感覚に近いです。

中学入試は一段落し、公立高校入試は本番が近づき、中学校では
定期テストが近づいてきています。
苦手にも向き合わないといけない時期です。

ですが、得意科目の知識につなげてみたり、得意8:苦手1くらいの
割合で勉強してみたり、色々工夫できることはあります。

そう。嫌いなピーマンを食べるために、好きなお肉と一緒にしてみたり
細かく刻んで分からなくしてみたりするのと一緒です。

勉強面でも味覚面でも、色々な経験をしていけば、いつしか「苦手」が
「好き」になります。

経験者はかく語りき!がんばれQゼミ生!
ed2_-173_convert_20110212005155.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード