*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。国大Qゼミ関内校の島津寿理です。

2/3(月)に公立中高一貫校の適性検査が行われました。
以下、今回の傾向と分析です。

■県立 
適性検査Ⅰ 
 図形やグラフの高度な問題以外は、基礎的な計算と
その組み合わせで解けた。
 小数・割合の速く正確な計算力が大きな武器に!
適性検査Ⅱ
 私立中学受験的な問題が増加。
 記述問題は今年も易しかった。

■市立南
適性検査Ⅰ
 素材文の文字数が大幅に増加(池上彰さん登場!)
 資料(グラフ)が追加され、より分析的な作文に
適性検査Ⅱ
 積み木の問題は難!それ以外は基礎的な計算と
 その組み合わせで解けた。
 小数・割合の速く正確な計算力が大きな武器に!
適性検査Ⅲ
 難問はないが、問題数が多い。処理スピードが鍵!

■市立川崎 
適性検査Ⅰ
 問題数が多い!問題の取捨選択・時間配分が鍵!
適性検査Ⅱ
 ダンゴムシの実験の問題は難!単位の換算
 (aとha、gとt)は確実に。


今回、以下の力を持っていれば、かなり有効でした。

 ①計算力・・・大きな数、小数の計算を速く正確に
 ②問題の取捨選択能力・・・時間内にできない問題を判別
 ③読解力・・・長文からポイントを的確に掴む


↓QゼミHPに詳しい分析動画があります。ぜひ、ご覧ください。
http://www.qzemi.com/junior/2014nyushi-ikkan.html
ed1_-82_convert_20110121005639.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード