*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。都筑校の松田英俊です。

先日、漢字テストの結果が記録されている用紙を見て
「おや?」と思うことがありました。

それは、順調に高得点で推移している生徒と
そうではない生徒がはっきり分かれていることです。

さっそく生徒たちに漢字練習の仕方をたずねてみたところ
数回練習して満足しているという生徒が多いな~と感じました。

私が学生の頃は、下敷きやノートなどで答えを隠して、正答が
書けるかどうか試してみる、という方法を繰り返していました。
この方法で一定の成果はあったと思います。
私はこれを「自分テスト」と呼んでいます。

自分で書いた漢字を上から下に写すだけのような漢字練習は
視覚だけで書く「作業」、もっと言えば「修行」になってしまい
そこには「考える」という一番大切な要素が抜けています。

「自分テスト」は、漢字であれば考えながら練習することで
1つ1つの漢字に意味を見出すことに繋がります。

他の例で言うと英単語練習の場合、発音しながら書く練習を
することで、「口・耳・目・手」の4つの器官を使うことになり
結果、発音と綴りの関係が直感的に理解できるようになります。

たかが漢字練習、されど漢字練習。
やり方しだいで、有益な時間をすごすことにも、無駄に時間を
過ごすことにもなります。

さらに、どの科目にも応用できる、自分なりの練習方法を
体得する機会にもなるのです。

この文章が自分の練習方法を見直すきっかけになればいいなと
思います。

頑張れ、Qゼミ生!
ed1_-280_convert_20101227003546.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード