*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。

定期テストや入試での英語リスニング
具体的な対策ができず苦労している方も
多いのではないでしょうか。

さあ今すぐ、教科書や参考書などの音声教材
(CDや音声データ)を用意して、Let's have a try!

1.「単語を発音できるようにする」

まずは下ごしらえ。単語レベルからスタートです。

多くの人が見落としがちですが、実は自分が発音できない音は
聞き取れません

かと言って、ネイティブのような発音ができるようになる
必要はありません。
最低限、アクセントの位置がわかればOKです。

意味やスペリングを覚えるときに、声に出してみましょう。
音声刺激により、より記憶への定着率がUPします♪

2.「音声を聞いたら、必ず
   英語の文字と一致させる」


聞き流しているだけでは絶対にリスニング力は伸びません
1日に何時間も英語漬けなら話は別ですが、多くの人は
英語に触れる時間が限られているはずです。

英語の音を聞いたら、必ずスクリプト(台本)を見て
音と文字を結び付けましょう。

何度聞いてもわからない部分が出てくると思います。
その部分のスクリプトを見て「あ、こう言っていたのか!」
という瞬間、本当の意味でリスニング力がUPするのです。

3.「ひたすら音読する」

1と2ができたら、最終仕上げです。
CDなどの音声をマネて、ひたすら音読しましょう。

先ほど発音できない音は聞き取れない、と言いましたが
裏を返せば、発音できれば、全て聞き取れるのです。

定期テストであれば、テスト範囲を。
入試であれば、過去問のリスニング問題を。

すべて正しく読むことができれば
すべて聞き取ることができます。


さて、いかがでしたでしょうか?
「そんな当たり前のことより、特効薬を教えてくれよ~」
という声が聞こえてきそうですが(^^;)・・・
あえてそれは致しません。

「当たり前」の積み重ねに勝るものはない、というのが
私の信念です。

解法テクニックは、私たちが教室でお伝えします。
それを活かすために、まずは正しい英語耳を
育てていきましょう!

読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード