*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは。Qゼミ横浜校の植松秀也です。

今年のGWはいかがお過ごしでしたか?

私は・・・・
5/3~5/5の3日間,Qゼミの小学5年生・小学6年生と一緒に
「GW算数特訓」に参加しました。

小5は19時間,小6は22時間と「算数漬け」の3日間で、
参加した生徒の皆さんは、本当にお疲れさまでした。


同じ教科を長い時間勉強するわけですから
小学生ならば当然ながら途中で集中力が切れる
瞬間があります。

「あつ~い!」→確かに教室の気温は上昇・・・
空調に気を使ってみる。

「わかんないよ~」→考えるのを止めたときに出るセリフだ。
「もうダメだ・・・」→何が??
「ねー先生先生!」→気晴らしがしたいようだ。

このタイミングで私は生徒たちに2つのことを話しました。
(授業は一時中断です。すみません・・・)

①授業中にこのような声が自然に出る生徒は要注意。

 なぜなら、声を出していない生徒は声に出すのを
 我慢しているからだ。
 我慢をしなければならない場面で我慢ができる大人は
 必ず評価されるのが社会。

②気持ちは周りにうつります。

 「ネガティブ発言」をひとりが始めると、周りも自然と
 同じ気持ちになる。
 せっかくなら「ポジティブ発言」に代えてみよう!
 「疲れたけど、もう少しがんばってみる!」
 「分からないから、早く解説して!」
 「この問題は難しいそうだから、試しに挑戦してみよう!」


その後、誰かが「ネガティブ発言」をすると
「あ~それいけないんだ!」という声が挙がるようになりました。

まだまだ子どもですから、急に変わるとは思っていませんが
そんな子ども同士が、互いに意識しあうことができる。
そんなクラス作りを求めていきたいです。

頑張れ、Qゼミ生!!
ed1_-171_convert_20101225001720.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード