*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

こんにちは、大船校の高瀬裕之です。

小学生から中学生までを教えていて、このところ実感しているのは
小中学生の実体験と、テキストの内容に「差」が開いていることです。

たとえば、テキストでは熊本県といえば日本一のいぐさの生産地
として出ています。
が、いぐさから作られるたたみの部屋が、一部の生徒の家には
ないのです。(カーペットの下になっていたりもします)

授業では、そこから説明が始まります。

また、小学生の算数の授業で「おつりをもらいました」という文章で
「おつり」の意味が、すぐに分からない・・・ということが年々増えて
いるようにも感じます。

塾や学校の勉強も大事なのですが、こんなことに遭うたび
子供たちに勉強以外の実体験をしてほしいと思います。

それは大げさなことではありません。

買い物に行ってもらうなどの家でのお手伝いでもいいですし
低学年の子なら塾や学校の帰り道での道草も多少は
いいのではないのでしょうか。

そこで友達と少しの間おしゃべりを楽しみ、気温の違いを感じ
季節ごとに違う道端の雑草に目を向けてみる。
それだけでも、違うはずです。

そろそろ夏休みの予定も考え始める頃かと思います。
ふだん経験できない、山や海での宿泊体験なども
よいのではないでしょうか。

Qゼミでは小1から小3の山の学校もやっています。

学習の根底にあるものは、さまざまな生活体験です。
いろいろなものに見て、触れて、感じてみてください。
honoo03.png
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード