*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

北山田校・都筑校・二俣川校で、理系科目を担当している
林崇文です。

地球温暖化が話題になっていますが、その主な原因とされる
CO2(二酸化炭素)について、太平洋上での濃度が初めて
400ppmを超えたと気象庁から発表されました。

温暖化グラフ
平成26年5月26日報道発表資料より

中学入試で、このグラフの凹凸の理由が問われる出題がありました。
植物による光合成の影響で夏は減少し冬は増加するためで
季節が逆になる北半球と南半球では凹凸も反対になります。

1ppmは百万分の1を表しますから、400ppmは0.04%のことです。
理科の授業では大気中のCO2濃度は0.03~0.038%などと
教えていますが、数年の内には年平均でも0.04%を超えることは
確実です。

それでも恐竜が繁栄していた中生代よりはるかに低い濃度なのに
何が問題なのでしょう?

二酸化炭素の上昇が始まる産業革命のころの濃度は
0.028%程度でした。
それから200年たらずの間に0.012%、率にして40%以上もの
増加による急激な環境変化が心配されます。

温暖化とそれがもたらすさまざまな環境問題-異常気象、海面上昇
生態系の変化、食糧問題などについても注目する必要がありますね。

読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード