*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

北山田校と横浜校で国語を担当している明島正です

私が中学校2年生のとき、クラスで数人の同級生から
嫌がらせを受けている男子生徒がいました。

暴力的な被害を受けていたわけではないのですが
身体的な弱みにつけこんだ言葉の暴力を浴びせられたり
授業に必要な物を隠されたり、さまざまな嫌がらせを受け・・・

その生徒が泣いたら
「ごめんごめん、じょうだんじょうだん」
などと言ってとりあえず一時的に解放される。

このようなくり返しが毎日のように続き、その生徒はしばらく後に
学校に来なくなりました。

その生徒が嫌がらせを受けていたときの私は、心の中で
「なんとかして助けてあげなければだめだ」
と叫んでいました。

しかし・・・
「余計なことをして自分が嫌がらせのターゲットにされたらどうするんだ」
という、もうひとつの声に負けてしまい、黙って見過ごしていたのです。

結果的に、嫌がらせをしていた同級生が相手の自宅に謝りに行って
解決したのですが、何もしてあげられなかった後悔はいつまでも
心の中に残っています。

小説「くちぶえ番長」に登場する学級委員のツヨシも、同級生の
高野さんが嫌がらせを受けているときに、ぼくと同じ心境で
いたのではないでしょうか。

もうすぐ楽しい夏休み。そのワクワク感をじゃまする読書感想文。

要するに、登場人物が経験したことと同じ、あるいは似たような
自分の経験を書くのがコツなのです。

※ちなみに、小説「くちぶえ番長」とは、夏休みに国大Qゼミの
 小学校5年生と6年生がが学習する課題図書です。
008_convert_20140709144815.jpg
読み終えたら↓2つを応援クリックしてください ランキング1位が目標!!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ

この記事へコメントする















横浜の学習塾・国大Qゼミの個性あふれる講師陣によるブログ。みんなが、ちょっと元気になれるといいな・・・と思って。毎日、綴っています。いい話、たくさんあります!校舎を移った先生の近況も分かります。 読み終わったら、バナーを応援クリック! おたがい応援しあって、一緒に頑張りましょう!

Qゼミの先生

Author:Qゼミの先生
Qゼミへへようこそ!

QRコード